【スポンサーリンク】

ポール・ジョージ「ペイサーズにムカついた」

ポール・ジョージ「ペイサーズにムカついた」

NBAスターのポール・ジョージは2018年夏、当時所属していたインディアナ・ペイサーズにトレードを要求し、オクラホマシティ・サンダーへ移籍した。

当時のペイサーズはプレイオフレベルのチームだったものの、NBAチャンピオンにはまだ遠く、ロスターを強化する必要があったと言えるだろう。

しかし、ペイサーズのフロントオフィスはスーパースター獲得の大きなチャンスがあったにもかかわらず、みすみす逃した模様。

ジョージによると、ペイサーズが積極的に動かなかったことに苛立ちを感じ、トレード要求を決断したという。

ジョージは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

名前は出さないよ。

彼らのビジネスに介入するつもりはないからね。

ただ、こう言っておこう。

あの時、最高のパワーフォワードがインディーに来て、僕とチームメイトになりたいと言ってくれていた。

彼ら(ペイサーズのフロントオフィス)は「我々は中堅チームであり、スモールマーケット。だから獲得できない。我々はスモールマーケットであり、そんな余裕はない」という感じだったんだ。

僕は「最高のパワーフォワードがここに来たいと言っているのに無理なのか?獲得したくないのか?」という感じさ。

だからムカついた。

「僕はここで何をしているんだ?」と感じたよ。

言っている意味が分かるかい?

彼らは勝ちたくなかったのさ。

最高のパワーフォワードがここでプレイしたいと言っていたんだ。

誰もがインディーを選ぶわけではないのにね。

ジョージが言う「最高のパワーフォワード」が誰なのか気になるところだが、噂されているのはブレイク・グリフィン、ラマーカス・オルドリッジ、アンソニー・デイビスだ。

彼らを獲得するのであれば、スモールマーケットのペイサーズはそれなりの犠牲を払わなければならなかっただろう。

だが、サラリーを気にし、最高のチャンスを逃したペイサーズをジョージが見限ったことも納得できる。

今季はNBAが誇るスーパースターのカワイ・レナードとタッグを組み、悲願のNBAチャンピオンを目指すジョージ。

NBAタイトルを狙うにはもうひとりのスーパースターが必要であることを証明し、ペイサーズにその事実を突きつけたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA