【スポンサーリンク】

ニックスがデビン・ブッカーのトレード獲得を狙う?

2015年のNBAドラフト13位でフェニックス・サンズに入団したデビン・ブッカーには、チームを再建に導く働きが期待されている。

だが、NBA有数のスコアラーに成長したブッカーに他チームが興味を示さないはずもない。

ブッカーがサンズの方針に納得できない場合、フロントオフィスにトレードを要求する可能性も十分あるが、その場合は再建中の古豪が動くことになりそうだ。

larrybrownsports.comによると、ブッカーが他チームへの移籍を希望した場合、名門ニューヨーク・ニックスがトレード獲得を狙う可能性があるという。

ニックスはスーパースター不在のチームであり、オールスタープレイヤーのブッカーを加えることで再建は加速するだろう。

また、フロントオフィスに新たに入閣したウィリアム・ウェズリーと親しい間柄ということも、ニックス移籍の可能性を高めるひとつの要因になり得る。

一方、サンズにとってブッカーは重要なプレイヤーであり、チームに繋ぎ止めるためにも早く結果を出したいところだ。

今季のプレイオフ復帰は難しいだろうが、オフシーズン中にプレイオフを目指せるロスターを構築することが大きなポイントとなるかもしれない。

なお、ブッカーのスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数62334
平均出場時間36.133.5
平均得点26.122.3
平均リバウンド4.23.6
平均アシスト6.64.7
平均スティール0.70.8
平均ターンオーバー3.93.3
FG成功率48.7%(キャリアハイ)44.7%
3P成功率36.0%35.5%
フリースロー成功率91.6%(キャリアハイ)86.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA