【スポンサーリンク】

キャブス トリスタン・トンプソンをトレードか?

レブロン・ジェイムスがロサンゼルス・レイカーズへ移籍して以降、クリーブランド・キャバリアーズは厳しい状況を強いられ続けている。

現在は若手を中心に再建中であるが、かつてジェイムスと共にチームをフランチャイズ初となるタイトル獲得へ導いたトリスタン・トンプソンは、再建プランに含まれていないのかもしれない。

thescore.comによると、キャブスはトリスタンに対するトレードオファーを受け付けているという。

キャブスにインサイドにおいて、トンプソンは重要なビッグマンのひとり。

だが、勝てていない現状である中、思い切ったロスター再編成を必要としているのかもしれない。

なお、今季のトンプソンは48試合に出場し、平均31.0分のプレイで11.9得点(キャリアハイ)、10.4リバウンド(キャリアハイ)、2.1アシスト(キャリアハイ)、FG成功率50.8%、フリースロー成功率63.8%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算610試合に出場し、平均28.1分のプレイで9.4得点、8.7リバウンド、1.0アシスト、FG成功率51.8%、フリースロー成功率61.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA