【スポンサーリンク】

ケンバ・ウォーカー「互いに好きになることが第一」

ケンバ・ウォーカー「互いに好きになることが第一」

オールスターポイントガードのケンバ・ウォーカーはこの夏、シャーロット・ホーネッツを離れ、ボストン・セルティックスに移籍した。

カイリー・アービングやアル・ホーフォード、テリー・ロジールといった主力プレイヤーを放出したセルティックスにとって、まずはケミストリーの構築が再優先課題となるであろう。

ウォーカーもそれを感じ、トレーニングキャンプを通してケミストリーの構築に力を入れていたようだ。

ウォーカーは自身とセルティックスについて次のようにコメント。masslive.comが伝えている。

「多くのプレッシャーが俺から取り除かれるだろうね。そして多くの異なるショットを撃つことになると思う。でもそれが大好きだ。そういうことはこれまでほとんどなかった。俺の利用率は少し下がるかもしれない。それにより、他の男たちがプレイを成功させるようになるだろう」

「俺たちはすごくうまくやってるよ。それが本当に重要だと思う。毎日ハードに取り組んでる。いかなる悪い練習もやってない。本当に重要だと思う。良くなり続けるには時間がかかるだろう。だけど、第一は互いを好きになることなんだ」

セルティックスの今年の評価はそれほど高くない。

カイリー・アービングがいた昨季と比較すると期待値は低いと言えるだろう。

だが、セルティックスのプレイヤーたちはそれが間違っていることを証明するため、高いモチベーションを持っているに違いない。

ウォーカーにはリーダーとしてセルティックスをまとめ上げ、周囲の評価を覆してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA