【スポンサーリンク】

ブルズがサディアス・ヤングをトレード?

ブルズがサディアス・ヤングをトレード?

シカゴ・ブルズのベテランフォワード、サディアス・ヤングは、ジム・ボイレンHC指揮下での自身の役割に不満を持っていると噂されている。

昨年夏に3年契約でブルズに加わったものの、今季はキャリアワーストとなる平均出場時間にとどまり、シーズン中にはトレードの噂も浮上したヤング。

ブルズはフロントオフィスを刷新し、ロスターの再編成に着手すると見られているが、ヤングに再びトレードの噂が浮上したようだ。

clutchpoints.comによると、ブルズではザック・ラビーンにもトレードの噂が出ているが、ラビーンよりヤングのほうがより容易に獲得できると、他のNBA2チームの幹部が明かしたという。

ヤングには今季中もトレードの噂が浮上し、タイトルコンテンダーのロサンゼルス・クリッパーズがヤングとクリス・ダンに興味を持っていると報じられていた。

ヤングがトレードマーケットに出ることになれば、クリッパーズの動きに注目が集まりそうだ。

なお、ヤングのスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数64965
平均出場時間24.930.3
平均得点10.313.2
平均リバウンド4.95.9
平均アシスト1.81.7
平均スティール1.41.5
平均ターンオーバー1.61.4
FG成功率44.8%(キャリアワースト)49.8%
3P成功率35.6%33.3%
フリースロー成功率58.3%67.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA