【スポンサーリンク】

マーク・キューバン「スティーブ・ナッシュの放出は最も愚かだった」

ダラス・マーベリックスは2003-04シーズン終了後、ポイントガードのスティーブ・ナッシュを放出した。

だがその後、ナッシュはフェニックス・サンズで素晴らしいパフォーマンスを見せ、移籍後1年目にMVPに選出。

さらにその翌シーズンもMVPに輝き、スーパースターとしての地位を確固たるものにした。

マブスのオーナーであるマーク・キューバンによると、ナッシュの放出はマブスにおいて最も愚かな決断だったという。

キューバンは当時を振り返り、次のようにコメント。CBS Sportsが伝えている。

どのチームにもそれぞれの理由があるものだ。

我々はスティーブ・ナッシュを放出した。

我々がやってき中で最も愚かなことだった。

あの時、我々は彼の腰が思わしくないという医学的な助言を受けていた。

その助言は明らかに間違っていたよね。

マブスは昨季中のトレードで、当時負傷離脱中だったクリスタプス・ポルジンギスを獲得した。

キューバンによると、ポルジンギスをトレードで放出したニューヨーク・ニックスの決断は、ナッシュを放出した時のマブスの決断と似ていたという。

サイズと機動力をあわせ持つポルジンギスを獲得できたことは、マブスにとって大きなプラスと言えるだろう。

今のマブスはルカ・ドンチッチとポルジンギスを中心としたチームであり、過去の過ちを知るキューバンが彼らを簡単に手放すことはないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA