【スポンサーリンク】

PJ・タッカー「シーズン辞退は1秒たりとも考えなかった」

健康リスクは家族の問題などにより、複数のNBA選手が現地30日からオーランドで再開するシーズン参加を辞退した。

さまざまな状況を鑑み、シーズン辞退か参加か迷った選手は少なくないだろう。

だが、ヒューストン・ロケッツのPJ・タッカーは迷いなくシーズン参加を決断できたという。

タッカーはオーランドでのシーズン参加について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

シーズン辞退については1秒たりとも考えなかった。

僕はバスケットボールをプレイしたい。

バスケットボールをプレイするのが大好き。

僕には8歳の息子がいるのだけれど、彼は僕のプレイを見るのが大好きなんだ。

彼はすごく喜んでいるよ。

僕がプレイするのをスーパー楽しみにしているのさ。

ロケッツはすでにプレイオフ進出を決めているが、シーズン後半から超スモールラインアップで戦っている中においてタッカーは重要な存在となっている。

相手チームのエースにマッチアップするだけでなく、時にはビッグマンにもマッチアップし、特にディフェンスでロケッツを支えているタッカー。

家で応援する子供と家族のためにも、オーランドでも闘志あふれるパフォーマンスでチームを牽引するだろう。

なお、タッカーのNBAスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数64646
平均出場時間34.429.3
平均得点7.17.4
平均リバウンド6.9(キャリアハイ)5.8
平均アシスト1.61.4
平均スティール1.11.2
平均ターンオーバー1.01.0
FG成功率43.3%42.3%
3P成功率37.0%36.2%
フリースロー成功率84.1%(キャリアハイ)74.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA