【スポンサーリンク】

スティーブ・カー プレイヤーたちに過ごし方を指導

スティーブ・カー プレイヤーたちに過ごし方を指導

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは先日、状況のさらなる悪化を防ぐため、シーズンを最低でも30日間は中断することを発表した。

多くのプレイヤーは自宅で過ごし、再開を待っているというが、中には気持ちが途切れてしまうプレイヤーもいるかもしれない。

ゴールデンステイト・ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCも、それを危惧しているようだ。

カーHCによると、プレイヤーたちにはオールスターブレイクのように過ごすよう伝えたという。カーHCのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「我々がすぐに練習することはない。私がプレイヤーたちとコンタクトをとってるのは、基本的にバスケットボールの観点から考えてのことだ。この期間をオールスターブレイクのように扱わないといけない。練習はしないけど、ゲームがすぐ始まるものとして備えておかなきゃいけないんだ」

多くのプレイヤーは自主的に他人との接触を避けているという。

オールスターブレイクは期間が決まっており、シーズン再開へ向けての準備はそう難しくないであろう。

だが、この影響は終わりが見えず、場合によってはシーズンが中止になる可能性もある。

それゆえに、プレイヤーたちは難しい対処を強いられていると言えるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA