【スポンサーリンク】

エリック・パスカルがアンソニー・デイビスとレブロン・ジェイムスからの洗礼を振り返る

エリック・パスカルがアンソニー・デイビスとレブロン・ジェイムスからの洗礼を振り返る

昨年のドラフト2巡目11位指名でゴールデンステイト・ウォリアーズに入団したエリック・パスカルは、負傷離脱者が続出したチームにおいて主力のひとりとして活躍し、素晴らしいルーキーシーズンを送った。

そのパスカルがNBAの厳しさを痛感したのは、ロサンゼルス・レイカーズとのプレシーズンゲームだったようだ。

パスカルによると、スーパースターのアンソニー・デイビスとレブロン・ジェイムスにマッチアップしたことでNBAのフィジカルを実感したという。

パスカルは当時を振り返り、次のようにコメント。NBC Sports Bay Areaが伝えている。

僕がNBAの洗礼を受けた瞬間は、間違いなくプレシーズン1試合目だった。

ベンチから試合に出る1人目になるとは思っていなかった。

コーチ・カーは笑みを浮かべながらこう言ったんだ。

「エリック!君はADにつけ」とね。

それからレブロンについた。

レブロンは僕をひどい目にあわせた。

彼に会うまで僕は自分のことを強い男だと思っていたから、クレイジーだと思ったよ。

でも二度とひどい目にあわないように彼にぶつかっていったんだ。

その時はファウルを取られてしまったけれど、彼に対して良いプレイができたと思っている。

パスカルは来季もベンチプレイヤーとして起用される見込みだが、ルーキーシーズンに経験をつめた点は大きなプラスとなるだろう。

来季はクレイ・トンプソンが完全復活する予定であり、トンプソン、ステフィン・カリー、アンドリュー・ウィギンス、ドレイモンド・グリーンという強力ラインアップが揃うウォリアーズ。

パスカルはその一員としてさらなる成長を遂げ、ウォリアーズをタイトルコンテンダーに引き上げる活躍を見せてくれるだろう。

なお、パスカルの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツ
出場試合数60
平均出場時間27.6
平均得点14.0
平均リバウンド4.6
平均アシスト2.1
平均スティール0.5
平均ターンオーバー1.6
FG成功率49.7%
3P成功率28.7%
フリースロー成功率77.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA