【スポンサーリンク】

マーク・キューバン「ファンはアプリで声援を送ることができる」

来月末に再開予定のNBAゲームは、ファンを入れない無観客試合となる予定だ。

ファンの声援は試合において大きな要素のひとつであり、多くのNBAプレイヤーはファンの声援をエネルギーに変えている。

だが、無観客試合ではファンの声援がないため、戸惑いを感じているNBAプレイヤーも少なくない。

そんな中、ダラス・マーベリックスのオーナーであるマーク・キューバンがある試みを検討中であることを明かした模様。

キューバンによると、さまざまなテクノロジーを駆使し、ファンの声援をアリーナに届ける方法を検討しているという。キューバンのコメントをthe New York Postが伝えている。

(無観客試合は)確かにいつもとは異なるだろう。

だがノイズを導入し、選手たちと視聴者がイベントをより楽しめるようなテクノロジーがたくさんある。

我々はそれをテスト中だ。

ファンはアプリを通してアリーナにノイズを届ける楽しみを得るだろう。

キューバンによると、この方法なら選手たちもファンからエネルギーを得ることができるという。

先日はNBA2Kの音響システムを導入し、ファンの声援を会場に流す案が報じられたが、まだ具体的な決定はなされていない。

今後はファンの声援はもちろん、ホームコートアドバンテージなどの行方にも注目が集まりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA