【スポンサーリンク】

ポール・ピアースがタイラー・ヒーローの愛称”バケット”に反論

2019NBAドラフト13位でマイアミ・ヒートに入団したタイラー・ヒーローは、チームに欠かせないベンチメンバーとして活躍している。

プレイオフではギアをひとつ上げ、先日のカンファレンスファイナル第4戦では37得点を記録。

ヒートを見事勝利に導き、NBA選手たちはヒーローに賛辞を贈った。

だが、元NBAプレイヤーのポール・ピアースは、ヒーローのニックネームに納得していないのかもしれない。

いつでもスコアリングできることから”バケット”の愛称で親しまれているヒーローについて、ピアースは次のように指摘。larrybrownsports.comが伝えている。

平均20得点以上でなければ、私は誰のこともバケットとは呼ばない。

平均11得点なら、「僕はバケットだ」なんて言えないよ。

ヒーローの”バケット”というニックネームは自ら採用したものであり、NBA入りする前から自身のことをバケットと呼んでいるという。

とはいえ、ヒーローが素晴らしい活躍を続けているのは間違いない。

いずれは平均20点以上をマークし、ピアースを黙らせてもらいたいところだ。

なお、ヒーローの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアプレイオフスタッツ
出場試合数5514
平均出場時間27.433.1
平均得点13.516.3
平均リバウンド4.15.5
平均アシスト2.23.7
平均スティール0.60.4
平均ターンオーバー1.61.6
FG成功率42.8%45.2%
3P成功率38.9%37.9%
フリースロー成功率87.0%88.9%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    キャリアスタッツじゃなくて、プレイオフじゃない?

*

CAPTCHA