【スポンサーリンク】

レイカーズ バスケットボールについて朝まで語り明かす

ウェスタン・カンファレンス首位のロサンゼルス・レイカーズにとって、現地11日のオクラホマシティ・サンダー戦はある意味チャレンジだったと言えるだろう。

アンソニー・デイビスとダニー・グリーンが怪我で、レブロン・ジェイムスが体調不良で欠場し、その他のプレイヤーの奮起が求められたレイカーズ。

だが、ラジョン・ロンドとカイル・クーズマを中心として序盤からサンダーを突き放し、快勝した。

これには前日の熱いトークが影響したのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ダラスからオクラホマシティへフライトし、試合前日午前3時にホテルに到着すると、カイル・クーズマを含む6~7人の男が午前5時までバスケットボールについて語り明かしたことを、ロンドが明かしたという。

ロンドは序盤からスコアリングを重ね、21得点、12リバウンド、8アシストを記録。

クーズマは随所でサンダーの追撃を阻むプレイをみせ、36得点、7リバウンドで勝利に貢献した。

普段はあまり出場機会がないクイン・クックとトロイ・ダニエルズも二桁得点を記録するなど、まさに層の厚さを見せつけた一戦だったと言えるだろう。

コートサイドで観戦していたジェイムスとデイビス、グリーン、そしてデマーカス・カズンズも、チームメイトたちを心強く感じたに違いない。

なお、レイカーズは次戦、ホームでクリーブランド・キャバリアーズと対戦する。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA