【スポンサーリンク】

キングス レイカーズにトレードをオファーしていた?

現在ウェスタン・カンファレンス13位のサクラメント・キングスは、今季もプレイオフ進出が難しい状況に立たされている。

若手を中心に再建し、今季は期待が集まっていたものの、結果を残すことができていないキングス。

この状況を受け、間もなく訪れる期限までにロスターの再編成に動くかもしれない。

The Ringerによると、キングスはロサンゼルス・レイカーズにトレードをオファーしていたという。

キングスはレイカーズのカイル・クーズマを求め、ネマニャ・ビエリツァとドラフト指名権をセットにしてオファー。

だが、レイカーズはビエリツァではなく、ボグダン・ボグダノビッチとのトレードを求めたものの、キングスはこれを拒否したと報じられている。

ボグダノビッチは今年夏に制限付きFAになるが、この対応を考えると他チームからのオファーにマッチする可能性が高そうだ。

一方、レイカーズがクーズマに対するオファーを即拒否しなかったのであれば、オファー内容次第でトレードが実現することになるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA