【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボール「来季の目標はMIP」

昨季中のトレードでロサンゼルス・レイカーズからニューオーリンズ・ペリカンズに移籍したロンゾ・ボールは今季、キャリアベストのパフォーマンスを見せた。

昨年夏にシュートフォームを調整し、課題としていたアウトサイドショットは顕著に改善。

昨年のNBAドラフト1位選手であるザイオン・ウィリアムソンとの相性も抜群であり、ペリカンズに不可欠な選手となった。

だが、オーランドで行われたNBAシーズンでは精彩を欠き、トレードの噂も浮上。

ペリカンズがボールをトレードするか否かは次期ヘッドコーチ次第と言えそうだが、ボールはさらなる飛躍を誓い、ひとつの目標を立てたようだ。

ボールは来季について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕たちがプレイオフに進出したら、1試合ずつ戦っていく。

僕のことを言えば、来季は間違いなくMVPを獲得できるだろう。

今季のMIPには、レイカーズ時代から共に戦ってきたブランドン・イングラムが選出された。

ステップアップし、NBAを代表するスタープレイヤーのひとりになったイングラムは、ボールにとって良い模範となるだろう。

とはいえ、ボールには課題が多い。

近年のNBAではファウルをもらってフリースローで得点を重ねることも重要であり、フリースローが苦手なボールはまずそこを克服したいところだ。

なお、ペリカンズの次期ヘッドコーチ候補として現時点ではタイロン・ルーとマイク・ダントーニが挙がっている。

ボールのスタッツは以下の通りだ。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数63162
平均出場時間32.132.3
平均得点11.810.7
平均リバウンド6.16.1
平均アシスト7.06.6
平均スティール1.41.5
平均ターンオーバー3.12.7
FG成功率40.3%39.0%
3P成功率37.5%34.1%
フリースロー成功率56.6%48.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA