【スポンサーリンク】

マーク・ガソルがスペイン帰国を検討?

昨季NBA王者のトロント・ラプターズはカンファレンスセミファイナルでボストン・セルティックスに敗れ、オーランドを去ることになった。

ベテランセンターのマーク・ガソルがNBAコートに立つのは、シリーズ第7戦が最後だったのかもしれない。

clutchpoints.comによると、今季限りで契約が満了となる35歳のガソルは、母国スペインに帰国することを検討しているという。

ガソルの決定に大きな影響を与えるのは家族だ。

ガソルは昨今の状況から家族の重要性を訴え、家族と一緒に過ごすことを切望していると報じられている。

2013年にディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに輝き、NBA有数のビッグマンとして活躍したガソル。

35歳という年齢もあり、かつてのような支配力はなくなってしまったが、それでもリーダーシップと高いIQでラプターズを支え続けてきた。

NBAでプレイし続けるとしてもスペインに帰国するとしても、これからも素晴らしいキャリアを送ってもらいたい。

なお、ガソルのNBAスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数44839
平均出場時間26.433.0
平均得点7.514.6
平均リバウンド6.37.6
平均アシスト3.33.4
平均スティール0.80.9
平均ブロックショット0.91.4
平均ターンオーバー1.32.0
FG成功率42.7%48.1%
3P成功率38.5%35.4%
フリースロー成功率73.5%77.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA