【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビードが防護服姿でオーランド入り

現地30日から再開するNBAシーズンに備え、参加する22チームが続々とオーランド入りしている。

フロリダ州では陽性者数が増加しているということもあり、健康面のリスクが懸念されているが、フィラデルフィア・セブンティシクサーズを牽引するジョエル・エンビードは万全の体制でオーランド入りした模様。

NBC Sports Philadelphiaによると、エンビードはマスク着用はもちろん、防護服を着て現地入りしたという。

エンビードはかねてからオーランドでの健康リスクを主張している。

そのため防護服まで着て現地入りしたのだろうが、その防護服をどこで脱ぐのかが気になるところだ。

なお、NBAコミッショナーのアダム・シルバーは先日、選手たちは宿泊するホテル内で陽性者数が爆発的に増えた場合、NBAシーズンを中止する可能性があると示唆した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA