【スポンサーリンク】

JR・スミスがGOAT議論について「ライオンとトラは比較できない」

NBA史上最も偉大なプレイヤー「GOAT」の議論において必ず名前が挙がるのが、マイケル・ジョーダン、コービー・ブライアント、そしてレブロン・ジェイムスだ。

ただ、ジェイムスはオールラウンダーであり、ジョーダンやブライアントのようなスコアラーではない。

それだけでなく、リーダーシップのあり方にも違いがあるようだ。

ジェイムスとクリーブランド・キャバリアーズ時代のチームメイトであるJR・スミスによると、ジェイムスは自身が手本を示して牽引するタイプのリーダーだという。

スミスはジェイムスについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ブロンについて言えるひとつのことは、彼は彼の労働観をもって牽引するということだ。

彼の大きな特徴は、労働感をもって皆を牽引できるということさ。

当然ながら、より優れた選手とのほうがやりやすい。

ただし、僕のためにジョーダンはそうしないし、コービーはそうしない。

キラーメンタリティを持つ多くの選手は、そうするタイプではないんだ。

彼(ジェイムス)はスコアラーではない。

スコアラーとは、ひとりでやるマインドを持つ人間のことだ。

スナイパーのようにね。

ジョーダンとコービーはスコアラー。

彼らは1試合50、60、70得点を叩き出していた。

一方、リバウンド、スコアリング、パス、ドリブルがある選手と一緒にプレイする時、まったく異なる雰囲気になる。

ブロンは彼らとまったく異なる人間だ。

比較することはできない。

なぜならライオンとトラを比較することはできないからね。

同じネコ科でも同じじゃないのさ。

スミスは以前、自身を「ジェイムスのナイト」と称し、ジェイムスのために尽くすと語っていた。

それはジェイムスから信頼されていると感じ、これまで会った誰とも異なるリーダーだと感じていたからなのかもしれない。

そもそもGOATの議論に現役選手が加わること自体が異例と言えるだろう。

ジェイムスがキャリアを終えた時、いったいどこまで名声を高めているのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA