【スポンサーリンク】

カイル・クーズマ「僕とアレックス・カルーソは暗黒時代を過ごしてきた」

ロサンゼルス・レイカーズは現地26日、カンファレンスファイナル第5戦でデンバー・ナゲッツを下し、NBAファイナル進出を決めた。

レイカーズがNBAファイナルに進出するのは、コービー・ブライアントを擁した2009-10シーズン以来初。

プレイオフに進出したのは2012-13シーズン以降初であり、6年間にわたって苦しい時間を過ごしてきたが、2017年のドラフト27位プレイヤーのカイル・クーズマはようやく報われたと感じているのかもしれない。

クーズマはNBAファイナル進出を受け、次のようにコメント。SB Nationが伝えている。

信じられない気分だ。

当たり前のこととしてはいけない感覚だ。

なぜなら、いつここに戻って来られるのか決して分からないからね。

特に僕は喜んでいる。

僕とアレックス(・カルーソ)はレイカーネーションの暗黒時代を過ごしてきた。

何年も負け続け、再建してきた。

今ファイナルを迎えることができたのは、プレイヤーとしてのハードワークの結果であり、適切な決断を下してきたフロントオフィスのハードワークの結果さ。

ここにいることができて、ものすごく嬉しいよ。

現地27日に行われたボストン・セルティックスとマイアミ・ヒートのカンファレンスファイナル第6戦は、終盤にセルティックスを突き放したヒートが勝利。

その結果、レイカーズはNBAチャンピオンの座をかけてヒートと戦うことになった。

今季のクーズマは厳しい時間を送っており、トレードの噂もつきまとっているが、NBAファイナルという大舞台で結果を残し、これからのNBAキャリアに弾みをつけてもらいたい。

なお、クーズマの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンプレイオフ
出場試合数6115
平均出場時間25.023.6
平均得点12.810.5
平均リバウンド4.53.2
平均アシスト1.30.9
平均スティール0.50.3
平均ターンオーバー1.50.9
FG成功率43.6%45.8%
3P成功率31.6%31.5%
フリースロー成功率73.5%77.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA