【スポンサーリンク】

マディソンスクエアガーデンで内乱?

アメリカ各地で展開されている抗議活動を受け、NBAチームは声明を発表している。

選手たちもSNSなどを通して自身の意見を発信し、抗議活動に参加する選手も少なくない。

一方、これらの動きに対して何の発表もしていないNBAチームがある。

ニューヨーク・ニックスだ。

clutchpoints.comによると、マディソンスクエアガーデンの従業員たちは社会問題についての声明をチームが発表しないことに強い不満を感じ、ニックスのオーナーであり、マディソンスクエアガーデン社CEOのジェイムス・ドーラン抜きで会議を行ったという。

また、ドーランは従業員たちに対し、「我々が社会問題について意見を述べる資格は他の誰よりもない」という旨のEメールを送ったとも報じられている。

今回の社会問題について声明を発表していないのは、ニックス1チームのみ。

ドーランについては以前から批判の声が聞こえており、マディソンスクエアガーデンでのホームゲームではファンから「解雇しろ!」のチャントもあがっている。

沈黙を続けるドーランは、従業員たちからの信頼も失うことになってしまうかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA