【スポンサーリンク】

【NBA】ニューヨーク・ニックスvsシカゴ・ブルズ 11月1日結果

【NBA】ニューヨーク・ニックスvsシカゴ・ブルズ 11月1日結果

日本時間11月1日のニューヨーク・ニックス対シカゴ・ブルズ戦は、82-81でホームのブルズが接戦を制した。

首の痛みで欠場が噂されていたブルズのエース、デリック・ローズは、テーピングで処置して出場。

その影響もあったのか、23本中7本のFG、さらに4回のターンオーバーを犯すなど、精彩を欠く内容に。

だが、最後に輝きを放ったのは、やはりローズだ。

ニックスに1点リードされていた第4Q残り5.7秒、ボールを託されたローズは、ニックスの守護神タイソン・チャンドラー、そしてレイモンド・フェルトンの上からフローターを決めてみせ、ブルズを逆転勝利に導いた。

一方のニックスは、開幕戦のスモールラインナップから、この試合はビッグラインナップに変更。

パブロ・プリジオーニの代わりにアンドレア・バルニャーニを先発起用し、ブルズに挑んだ。

ただ、エースのカーメロ・アンソニーが不調。

FG24本中わずか8本の成功、さらには4回のターンオーバーを犯し、開幕戦から波に乗れていないようだ。

しかしながら6本のスティールを記録するなど、課題となっているディフェンス強化に努めている模様。

この試合では最後の最後にボールを託され、決めれば逆転となる3Pを放つも失敗に終わり、ブルズのエースとは対照的な幕切れとなった。

1Q2Q3Q4QTOTAL
ニックス1622232081
ブルズ2617281182

ニューヨーク・ニックス スタッツ

先発メンバー

  • アンドレア・バルニャーニ
  • カーメロ・アンソニー
  • タイソン・チャンドラー
  • イマン・シャンパート
  • レイモンド・フェルトン

得点

  • カーメロ・アンソニー:22
  • レイモンド・フェルトン:13
  • ティム・ハーダウェイjr.:10

アシスト

  • カーメロ・アンソニー、レイモンド・フェルトン:6

リバウンド

  • タイソン・チャンドラー:19

チームアベレージ

  • FG成功率36.0%
  • 3P成功率37.5%
  • FT成功率71.4%
  • ターンオーバー:15

シカゴ・ブルズ スタッツ

先発メンバー

  • ルオル・デン
  • カルロス・ブーザー
  • ジョアキム・ノア
  • ジミー・バトラー
  • デリック・ローズ

得点

  • デリック・ローズ:18
  • ルオル・デン:17
  • カルロス・ブーザー:14

アシスト

  • ルオル・デン:6

リバウンド

  • ジョアキム・ノア:15
  • ジミー・バトラー:10

チームアベレージ

  • FG成功率40.8%
  • 3P成功率18.8%
  • FT成功率89.5%
  • ターンオーバー:19

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA