【スポンサーリンク】

シカゴ・ブルズvsフィラデルフィア・セブンティシクサーズ 11月3日結果

日本時間11月3日のシカゴ・ブルズ対フィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦は、最大18点差をひっくり返したホームのシクサーズが104-107で勝利した。

今季の最下位チームに予想されているシクサーズだが、先日はマイアミ・ヒートに勝利。
さらにブルズに勝利したことで、ダークホースのような存在になりつつある。

この試合では残り2分あたりまでブルズにリードを許していたものの、ルーキーのマイケル・カーター=ウィリアムスらを中心にとうとう逆転。
ルオル・デンが同点を狙って放った3Pはリムに弾かれ、3点差で逃げ切った。

カーター=ウィリアムスは26得点、10アシスト、3スティールの大暴れ。
さらにスペンサー・ホーズが18得点、11リバウンド、3ブロックショットを記録し、勝利に貢献した。

一方のブルズは、これで2連敗。
デリック・ローズが復帰して以降、プレシーズンを全勝で終えていたが、この試合では試合終盤でローズが手痛いターンオーバーを犯すなど、精彩を欠いている。

チームの約半分となる8ターンオーバーを犯したローズは、
「結果的に、彼ら(シクサーズ)はほとんどのルーズボールを取ってたし、重要なシーンでシュートを外さなかった」
とコメント。
また、すべての敗因は自分にあると続け、次戦へ向けて調整する姿勢を見せた。

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
シカゴ・ブルズ
34 30 19 21 104
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
22 27 33 25 107

シカゴ・ブルズ スタッツ

先発メンバー

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ スタッツ

先発メンバー

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA