【スポンサーリンク】

【NBA】オクラホマシティ・サンダーvsロサンゼルス・クリッパーズ 11月14日結果

【NBA】オクラホマシティ・サンダーvsロサンゼルス・クリッパーズ 11月14日結果

日本時間11月14日に行われたオクラホマシティ・サンダー対ロサンゼルス・クリッパーズ戦は、111-103でホームのクリッパーズが勝利した。

この試合で最も注目が集まったのは、サージ・イバカとブレイク・グリフィンのもつれ合いを発端とした第2Q終盤の乱闘騒ぎだ。

リバウンドを奪ったグリフィンがシュートを試みたところに、イバカが上から激しくファウル。

イバカの腕に自分の腕をそのまま絡ませたグリフィンだが、イバカが強引に振り払う。

そのもつれ合いを横で見ていたマット・バーンズが憤慨してイバカに詰め寄ったところ、両チームの選手が集まり、一触即発の状態に。

事態を重く見たレフェリーがバーンズとイバカに退場をコールすると、両チーム入り乱れた乱闘騒ぎは落ち着きを見せた。

前半終了時までに9点のリードを奪っていたサンダーだったが、この乱闘に憤慨し、エネルギッシュにプレイしたのはクリッパーズだった。

第3Qで一気に逆転し、クリッパーズの5点リードで第4Qを迎える。

第4Qでは拮抗した展開が続いたが、残り時間34.6秒にクリッパーズのシックスマン、ジャマール・クロフォードが価千金の3Pを沈め、勝利を決定づけた。

1990年にNBAレジェンドのマジック・ジョンソンが得点、アシストカテゴリーで開幕9試合ダブルダブルを記録しているが、この試合で14得点、16アシストを挙げたクリス・ポールはマジックの記録に肩を並べることになった。

乱闘騒ぎについて質問されたグリフィンは、「プレイの後のちょっとした小競り合いだよ。(イバカに)振り回された後、いろんな叫び声が聞こえたんだ。周りを見て初めて状況を理解したよ」とコメント。

15得点を挙げたJJ・レディックは、「あの時、彼(バーンズ)が何を言ってたかわからない。でも彼のことだから、チームメイトのためにやったんだよ」と退場処分を受けたバーンズを擁護した。

一方、バーンズとともに退場処分を受けたイバカは、「あの(乱闘騒ぎのきっかけとなったシーン)ビデオをまだ見てないから、これから見て確認するよ。(退場処分には)がっかりしたけど、あの間違いから学びたいと思う。今は考えたくないけどね」と反省の態度を示しているようだ。

また、ゲームハイの22得点、10リバウンド、2スティールを記録したケビン・デュラントは逆転負けについて、「ただ彼ら(クリッパーズ)が俺たちを打ち負かしたってことさ。言い訳はしないよ。もちろん、サージの退場処分は痛かった。でも起きてしまったことだからしょうがない。(イバカがいれば)俺たちに勝つチャンスがあったかもね」と落胆したように話していた。

1Q2Q3Q4QTOTAL
サンダー33291625103
クリッパーズ25283028111

オクラホマシティ・サンダー スタッツ

先発メンバー

  • ケビン・デュラント
  • サージ・イバカ
  • スティーブン・アダムス
  • タボ・セフォローシャ
  • ラッセル・ウェストブルック

得点

  • ケビン・デュラント:33
  • ラッセル・ウェストブルック:19
  • サージ・イバカ:13

アシスト

  • ケビン・デュラント、ラッセル・ウェストブルック:10

リバウンド

  • ケビン・デュラント:6

チームアベレージ

  • FG成功率46.7%
  • 3P成功率37.5%
  • FT成功率81.8%
  • ターンオーバー:22

ロサンゼルス・クリッパーズ スタッツ

先発メンバー

  • ジャレッド・ダドリー
  • ブレイク・グリフィン
  • ディアンドレ・ジョーダン
  • JJ・レディック
  • クリス・ポール

得点

  • ブレイク・グリフィン:22
  • ジャマール・クロフォード:20
  • ディアンドレ・ジョーダン、JJ・レディック:15

アシスト

  • クリス・ポール:16
  • ブレイク・グリフィン:7

リバウンド

  • ブレイク・グリフィン:12
  • ディアンドレ・ジョーダン:9
  • クリス・ポール:7

チームアベレージ

  • FG成功率45.3%
  • 3P成功率21.4%
  • FT成功率79.4%
  • ターンオーバー:22

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA