【スポンサーリンク】

【NBA】ブルックリン・ネッツvsミネソタ・ティンバーウルブズ 11月23日結果

【NBA】ブルックリン・ネッツvsミネソタ・ティンバーウルブズ 11月23日結果

日本時間11月23日に行われたブルックリン・ネッツ対ミネソタ・ティンバーウルブズ戦は、111-81でホームのウルブズが圧勝した。

デロン・ウィリアムス、ブルック・ロペス、アンドレイ・キリレンコ、ジェイソン・テリーを負傷で欠くネッツに対し、ウルブズは第1Qから猛攻を仕掛ける。

ネッツの考えられないようなターンオーバーをにも助けられ、第1Qだけで14-30と16点のリードを奪ったウルブズは、その後もネッツの追い上げを許すことなく、まさに圧倒と呼ぶにふさわしい内容で勝利した。

約27分の出場で17得点、16リバウンド、4アシスト、2スティールを記録したケビン・ラブは、「KG(ケビン・ガーネット)は自分を奮い立たせているようだった。でも俺は全然気にならなかったけどね」と、ガーネットに肘打ちを見舞われたものの、余裕のコメント。

また、15得点を挙げて勝利に貢献したコーリー・ブリュワーは、「彼ら(ネッツ)を踏み台にして上に行きたい」と強気の発言をしている。

一方、敗れたネッツはこれで4連敗。

3勝9敗でイースタン・カンファレンス14位と、未だに泥沼状態だ。

今オフに「ニューヨークの顔になるのは俺たちだ」と意気込みを語っていたガーネットは、約20分の出場で8得点、8リバウンドを記録。

若く、速いウルブズの展開についていけなかったガーネットだが、過去にはウルブズの主力として活躍していた。

「俺たちがこのモンスター(ウルブズ)を作り出してしまったんだ。バスケがビジネスだってことは理解してるけど、管理は俺の仕事じゃない。運命は自分たちの手で切り拓くものなんだよ」

「みんなフラストレーションが溜まってる。このチームに幸せを感じてるヤツなんていないし、誰も笑ってないんだ。今は笑顔になる理由が全然ないからね」と、ガーネットは苛立ちを隠せない様子で話し、スタジアムを後にした。

ネッツはチームアシスト数がわずか7。(ウルブズは28)

明らかにチームプレイが成立していない。

不調を脱するためにジェイソン・キッドHCがどのような一手を打つのか注目したい。

1Q2Q3Q4QTOTAL
ネッツ1423212381
ウルブズ30273321111

ブルックリン・ネッツ スタッツ

先発メンバー

  • ポール・ピアース
  • ケビン・ガーネット
  • レジー・エバンス
  • ジョー・ジョンソン
  • ショーン・リビングストン

得点

  • アンドレイ・ブラッチ:16
  • ジョー・ジョンソン:15
  • タイショーン・テイラー:13

アシスト

  • ジョー・ジョンソン:4

リバウンド

  • ケビン・ガーネット、レジー・エバンス:8
  • ミルザ・テレトビッチ:7

チームアベレージ

  • FG成功率39.7%
  • 3P成功率31.5%
  • FT成功率70.0%
  • ターンオーバー:20

ミネソタ・ティンバーウルブズ スタッツ

先発メンバー

  • コーリー・ブリュワー
  • ケビン・ラブ
  • ニコラ・ペコビッチ
  • ケビン・マーティン
  • リッキー・ルビオ

得点

  • ケビン・ラブ、ケビン・マーティン:17
  • コーリー・ブリュワー、ニコラ・ペコビッチ:15
  • リッキー・ルビオ:12

アシスト

  • リッキー・ルビオ:8

リバウンド

  • ケビン・ラブ:16

チームアベレージ

  • FG成功率41.2%
  • 3P成功率30.6%
  • FT成功率87.0%
  • ターンオーバー:8

ケビン・ラブのハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA