【スポンサーリンク】

インディアナ・ペイサーズvsシカゴ・ブルズ 11月17日結果

日本時間11月17日に行われたインディアナ・ペイサーズ対シカゴ・ブルズ戦は、94-110でホームのブルズが勝利した。

ホームでペイサーズの10連勝を許すわけにはいかないブルズは、第1Qから爆発。
大量25点のリードを奪って前半を折り返す。

その後もデリック・ローズ、ルオル・デン、ジミー・バトラーを中心に安定した試合運びを見せたブルズが、危なげなく勝利した。

なにより特筆すべき、ブルズのチームプレイだろう。
チームリバウンド数、チームアシスト数でペイサーズを大きく上回り、出場選手のうち7選手が2ケタ得点を記録している。

前の試合をハムストリングの痛みで欠場したローズは、20得点、4アシストを記録。
「前の試合に出場しなかったのは良い選択だったよ。ハムストリングを痛めてから初めての試合になったけど、もし前の試合に出場してたら今頃どうなってたかわからないね。今夜もプレイできなかったと思う」
とコメントした。

一方、開幕連勝記録が途切れたペイサーズだが、エースのポール・ジョージが絶不調。
FG14本中わずか3本、合計12得点に終わっジョージは、
「ショットが落ちないときはどうプレイすれば良いのかわかってるんだけどね。今日みたいに入らないときはあまりボールを持ちたくない」
と悔しさを滲ませていた。

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
インディアナ・ペイサーズ
20 15 24 35 94
シカゴ・ブルズ
31 29 24 26 110

インディアナ・ペイサーズ スタッツ

先発メンバー

シカゴ・ブルズ スタッツ

先発メンバー
ペイサーズvsブルズ ハイライト
ブルズ ハイライト

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA