【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズvsシカゴ・ブルズ 11月12日結果

日本時間11月12日に行われたクリーヴランド・キャバリアーズ対シカゴ・ブルズ戦は、81-96でホームのブルズが勝利した。

ハーフタイムまでに9点のリードを奪ったブルズだったが、第3Qに入るとカイリー・アービングを中心としたキャブスに詰め寄られる。
4点差で迎えた第4Qは一進一退の展開が続くも、勝負どころで力を発揮したのはブルズだった。
残り8分20秒、1点差に詰められていたブルズはデリック・ローズのアシストでカルロス・ブーザーがジャンパーを成功。
さらに、3Pショット時にディオン・ウェイターズからファウルをもらったマイク・ダンリービーが、FT3本を落ち着いて沈める。

残り5分20秒、3点リードのブルズはファウルをもらったブーザーがFTを2本とも成功させると、ローズのレイアップ、ダンリービーのジャンパーなどでキャブスを徐々に引き離し、勝負を決めた。

ただ気になるのが、終盤のレイアップシュート成功後、しかめ面をでベンチへ下がったローズの状態だ。
ベンチでトレーナーから処置を受けたローズが、その後試合に出場することはなかった。

自身の状態についてローズは、
「軽い捻挫だよ。何も悪いことはない」
とコメントしている。

一方の敗れたキャブスだが、アンドリュー・バイナムを先発起用。
この試合で11得点、6リバウンド、2ブロックショットを記録したバイナムにとって、先発出場するのは2012年4月22日のロサンゼルス・レイカーズ在籍時、対オクラホマシティ・サンダー戦以来のことだ。

バイナムが調子を取り戻すことができれば、キャブスにとって大きな戦力となるのは間違いない。

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
クリーヴランド・キャバリアーズ
17 19 24 21 81
シカゴ・ブルズ
20 25 19 32 96

クリーヴランド・キャバリアーズ スタッツ

先発メンバー

シカゴ・ブルズ スタッツ

先発メンバー
キャブスvsブルズ ハイライト

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA