【スポンサーリンク】

【NBA】オクラホマシティ・サンダーvsゴールデンステイト・ウォリアーズ 11月15日結果

【NBA】オクラホマシティ・サンダーvsゴールデンステイト・ウォリアーズ 11月15日結果

日本時間11月15日に行われたオクラホマシティ・サンダー対ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦は、116-115でホームのウォリアーズが劇的な勝利を飾った。

第4Q終盤残り2分14秒の時点で5点リードしていたウォリアーズだったが、粘るサンダーの猛攻を受け、残り2.3秒にラッセル・ウェストブルックの3Pでとうとう逆転を許してしまう。

残り1.7秒にタイムアウトを要求し、作戦を練ったウォリアーズがチョイスしたのはステフィン・カリーでもなく、クレイ・トンプソンでもなく、アンドレ・イグダーラだった。

インバウンドパスを受け取ったイグダーラは、そのままターンアラウンドでフェイダウェイショットを放ち、これが見事に成功。

ショットがリングをくぐり抜けたとき、タイムボードはすでに0秒。劇的な幕切れとなった。

14得点、9アシスト、1スティール、1ブロックショットを記録したイグダーラは、「クレイ(・トンプソン)からパスをもらったとき、入るって気がしたんだ。ボールを手にしたら自然とターンアラウンドシュートに持ち込めたよ。ずっと打ってきてるシュートだったしね」とコメントした。

そしてなにより驚異的なのが、ウォリアーズの3P成功率だろう。

この試合ではトンプソンが9本中6本、カリーが8本中4本、イグダーラが2本中2本の3Pを沈め、チーム全体では23本中14本成功の60.9%。

悪い時のフリースロー成功率に匹敵する数字だ。

また、積極的に攻めながらもターンオーバーをわずか7に抑えた点も評価できるポイントといえる。

一方、悔しい逆転負けを喫したサンダーは、ウェストブルックが久々の30得点超え。

さらに、ロサンゼルス・クリッパーズ戦でひと悶着起こしたサージ・イバカも27得点、13リバウンドと続いたが、惜しくも勝利はならなかった。

エースのケビン・デュラントは、「(イグダーラの)ラストショットまでは良かったのに」とだけコメント。

また、ウェストブルクはラストシーンについて、「何が起こったのかわからなかったよ。俺はコーナーでカリーのディフェンスをしてたからね」とまさかの敗戦に悔しさをにじませた。

1Q2Q3Q4QTOTAL
サンダー33292429115
ウォリアーズ32303321116

オクラホマシティ・サンダー スタッツ

先発メンバー

  • ケビン・デュラント
  • サージ・イバカ
  • スティーブン・アダムス
  • タボ・セフォローシャ
  • ラッセル・ウェストブルック

得点

  • ラッセル・ウェストブルック:31
  • サージ・イバカ:27
  • ケビン・デュラント:20

アシスト

  • ケビン・デュラント:8
  • ラッセル・ウェストブルック:5

リバウンド

  • サージ・イバカ:13
  • タボ・セフォローシャ、ラッセル・ウェストブルック:9
  • ケビン・デュラント:7

チームアベレージ

  • FG成功率51.2%
  • 3P成功率40.9%
  • FT成功率85.7%
  • ターンオーバー:19

ゴールデンステイト・ウォリアーズ スタッツ

先発メンバー

  • アンドレ・イグダーラ
  • デイビッド・リー
  • アンドリュー・ボガット
  • クレイ・トンプソン
  • ステフィン・カリー

得点

  • クレイ・トンプソン:27
  • ステフィン・カリー:22
  • デイビッド・リー:20

アシスト

  • アンドレ・イグダーラ、ステフィン・カリー:9

リバウンド

  • アンドリュー・ボガット:7

チームアベレージ

  • FG成功率47.9%
  • 3P成功率60.9%
  • FT成功率85.7%
  • ターンオーバー:7

サンダーvsウォリアーズのハイライト動画

アンドレ・イグダーラのラストショット動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA