【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツvsニューヨーク・ニックス 11月15日結果

日本時間11月15日に行われたヒューストン・ロケッツ対ニューヨーク・ニックス戦は、109-106でアウェイのロケッツが勝利した。

大接戦となったこの試合、勝利の立役者となったのは負傷から復帰したロケッツのエース、ジェイムス・ハーデンだ。

107-104でロケッツがリードしていた第4Q残り5.2秒、昨季の得点王、カーメロ・アンソニーが同点の3Pを決める。
それと同時にファウルがコールされ、4点プレイかのように思われた。

しかし、マッチアップしていたハーデンがファウルしたのは、アンソニーがインバウンドパスを受けた直後。
それを見ていたレフェリーも、ノーバスケットカウントをコールし、結局アンソニーにはフリースロー2本が与えられただけ。
アンソニーは2本とも落ち着いて沈めたが、同点そして逆転のチャンスをハーデンによって奪われる結果となった。

36得点、9リバウンドを記録したハーデンは、
「ファウルを仕掛けたから3点を献上せずに済んだよ」
とコメント。

また、もベンチ出場ながら21得点を挙げたジェレミー・リンは、
「今日はチームとしてまとまって戦えたよ。ボールをよく回せてた。今日はみんなアンセルフィッシュなプレイが本当にできてたんだ。ディフェンスにも力を入れたしね」
と振り返った。

7得点、15リバウンド、4ブロックショットを記録したハワードは、
「ジェレミーはステップアップしてるし、ジェイムスはビッグプレイを決めてくれる。それこど俺たちが必要としてることだよ」
と、活躍した2人を称賛している。

なお、トレード希望を出したと報道されたオマー・アシックは出場していない。

一方、敗れたニックスだが、エースのアンソニーが今季リーグハイの45得点、10リバウンドと大暴れ。
ただ、勝敗を分けたハーデンのファウルにはフラストレーションを感じている様子。

「レフェリーの笛が正しかったのか正しくなかったのか、そんなこといまさら何を言ったって意味がないよ。前に進むだけだ」

そう語るアンソニーの顔には、落胆とともに憤りがうかがえるようだった。

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ヒューストン・ロケッツ
28 25 22 34 109
ニューヨーク・ニックス
23 29 20 34 106

ヒューストン・ロケッツ スタッツ

先発メンバー

ニューヨーク・ニックス スタッツ

先発メンバー
J・ハーデン ハイライト
C・アンソニー ハイライト

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    >トレード希望を出したと報道されたオマー・アシックは出場していない。
    >トレード希望を出したと報道されたオマー・アシックは出場していない。
    >トレード希望を出したと報道されたオマー・アシックは出場していない。
    >トレード希望を出したと報道されたオマー・アシックは出場していない。

    嘘だああああああああああああッッッ宇和ああああああああああああああッッッ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^-^)

      昨日の試合も先発から外れて4分しか出てなかったですもんね(;_;)

      しばらくは残りそうですけど、プレイングタイムは減らされそうな勢いです・・・

*

CAPTCHA