【スポンサーリンク】

【NBA】ミネソタ・ティンバーウルブズvsクリーブランド・キャバリアーズ 11月5日結果

【NBA】ミネソタ・ティンバーウルブズvsクリーブランド・キャバリアーズ 11月5日結果

日本時間11月5日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズ対クリーブランド・キャバリアーズ戦は、ホームのキャブスが93-92で勝利した。

CJ・マイルズを筆頭に序盤から勢いづくキャブスは、開幕3連勝と好調なウルブズを相手に一時23点のリードを奪う。

だが、第4Qに入ると流れが一変し、ケビン・ラブを中心にたたみかけるウルブズは残り1分16秒にコーリー・ブリュワーのレイアップでついに3点差まで追いついた。

さらに残り38.9秒、粘り強いプレイを見せたラブの得点でわずか1点差。

その後、キャブスのエース、カイリー・アービングがステップバック・ショットを試みるも外れ、ウルブズに逆転のチャンスが巡ってくる。

タイムアウト後、JJ・バレアからのパスを受け取ったラブが決めれば逆転となる3Pシュートを放つが、惜しくもリングに弾かれ、万事休す。

激戦となった試合はキャブスが制した。

この試合で15得点、8リバウンド、6アシスト、2ブロックショットを記録したアービングだが、試合終盤の大事な場面でショットをミス。

さらに、9ターンオーバーを犯す精彩を欠く内容となった。

また、約19分出場したアンドリュー・バイナムは、FG6本中2本、FT6本中6本の10得点、4リバウンド、3ブロックショットとまずまずの数字を残した。

アービングは試合後、 「K-ラブが外してくれて助かった」 とコメントした。

一方のウルブズは、惜しくも開幕4連勝ならず。

最後の3Pを外したラブは、「JJ(バレア)が良いパスをくれた。良いリズムで打てたんだけど、リングに弾かれちゃったね。決める自信はあったんだけど」とコメント。

チームハイとなる23得点を挙げたケビン・マーティンは、「このチームにはNBAのトップスコアラーになろうと思ってプレイしているヤツはいないんだ。みんなNBAプレイオフへ向けて同じ絵を描いてるよ」と話した。

1Q2Q3Q4QTOTAL
ウルブズ2315233192
キャブス3124211793

ミネソタ・ティンバーウルブズ スタッツ

先発メンバー

  • コーリー・ブリュワー
  • ケビン・ラブ
  • ニコラ・ペコビッチ
  • ケビン・マーティン
  • リッキー・ルビオ

得点

  • ケビン・マーティン:23
  • ケビン・ラブ:17
  • コーリー・ブリュワー、デリック・ウィリアムス:13

アシスト

  • ケビン・ラブ、リッキー・ルビオ:5

リバウンド

  • ケビン・ラブ:13
  • ニコラ・ペコビッチ:12

チームアベレージ

  • FG成功率36.2%
  • 3P成功率17.9%
  • FT成功率79.2%
  • ターンオーバー:18

クリーブランド・キャバリアーズ スタッツ

先発メンバー

  • アール・クラーク
  • トリスタン・トンプソン
  • アンダーソン・バレジャオ
  • ディオン・ウェイターズ
  • カイリー・アービング

得点

  • CJ・マイルズ:19
  • カイリー・アービング:15
  • トリスタン・トンプソン、アンダーソン・バレジャオ:12

アシスト

  • カイリー・アービング:6

リバウンド

  • トリスタン・トンプソン:11

チームアベレージ

  • FG成功率45.9%
  • 3P成功率31.2%
  • FT成功率90.9%
  • ターンオーバー:24

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA