【スポンサーリンク】

ジェラルド・グリーンが現役引退でロケッツの組織入り

ジェラルド・グリーンが現役引退でロケッツの組織入り

元NBA選手のジェラルド・グリーンが、プロバスケットボール選手としてのキャリアを終えることを決断した。

だが、ヒューストン・ロケッツの一員としてNBAに関わり続ける模様。

The Athleticの記者によると、NBAキャリア12年のグリーンは現役を引退し、ヒューストン・ロケッツの選手育成コーチに就任したという。

ここ数年のグリーンは怪我に苦しめられていた。

グリーンは昨年12月に1年の非保証契約でロケッツに復帰したものの、数週間後にウェイブ。

その後はどのNBAチームとも契約することができず、現役引退の決断に至った。

グリーンは海外のチームでもプレイした過去があり、さまざまな経験をしてきたため、若手が多いロケッツにとって大きな存在となるに違いない。

なお、グリーンのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームボストン・セルティックス
ミネソタ・ティンバーウルブズ
ヒューストン・ロケッツ
ダラス・マーベリックス
ニュージャージー・ネッツ
インディアナ・ペイサーズ
フェニックス・サンズ
マイアミ・ヒート
出場試合数658
平均出場時間19.8
平均得点9.7
平均リバウンド2.5
平均アシスト0.9
平均スティール0.5
平均ターンオーバー1.1
FG成功率41.7%
3P成功率36.1%
フリースロー成功率81.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA