【スポンサーリンク】

ジョー・イングルス「家族をどうすべきか分からない」

ユタ・ジャズのベテランフォワード、ジョー・イングルスは先日、「家族を守るためにオーストラリアに戻り、僕の人生を通してもう二度とプレイしない。それで満足だ」とバスケットボールを続ける意志がないことを明かした。

だがその後、この発言は2カ月前のものであり、「チームメイトたちを落胆させない」と現役続行を宣言。

しかし、妊娠中の妻と自閉症の息子は健康リスクが高いということもあり、シーズン再開に際し、家族をどうするべきか頭を悩ませているという。

イングルスは家族について次のようにコメント。The Sydney Morning Heraldが伝えている。

心の裏側ですごく悩んでいるのは、「家族をどうするか?」ということだ。

オーストラリアに帰国する際は、2週間の検疫期間を求められる。

妊娠中の妻と子供ふたりがいるt,それはかなり難しいんだ。

NBAは現地7月末にシーズンを再開する見込み。

選手は宿泊するホテルに家族を連れてくることが許されており、徹底した管理の下で生活することになる。

医療も徹底し、不安を感じることなく生活できるよう配慮しているため、イングルスの家族も十分な医療サービスを受けることができるだろう。

とはいえ、異なる環境での生活はストレスをもたらしてしまう恐れがある。

イングルスにとって難しい決断となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA