【スポンサーリンク】

ジャマール・クロフォード マイケル・ジョーダン役の任務に「今でも夢のよう」

シカゴ・ブルズでNBAデビューを飾ったジャマール・クロフォードにとって、他の多くの選手たちと同じようにマイケル・ジョーダンは憧れの選手だった。

2002年、そのクロフォードに夢のようなオファーが舞い込んだ。

ゲータレード社のCMで若き日のマイケル・ジョーダン役を演じるというオファーだ。

クロフォードにとって、憧れのジョーダンと共演できるだけでなく、ジョーダン本人の若かりし日を演じられるとは夢にも思っていなかったという。

クロフォードはジョーダンとのCMを振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「夢が叶ったとさえ言うことができない。なぜなら、一度も夢見たことがなかったから。こういったことは夢にも思わないよね。だから、当時は信じられない思いだった。今日に至るまで夢の中でのことのように感じている。コマーシャルにおいて、彼は俺に彼の役を演じることを望んでいたんだ。俺は『何をすればいいの?』と聞いたら、彼は『我々はただ1on1をする。数行だけセリフを読み、1on1をする』と答えてくれたよ」

「彼はトラッシュトークを仕掛けてきた。楽しい時間だったよ。ユナイテッドセンターで撮影した。すごく馴染みあるアリーナだ。俺たちのゲームがある場所だったからね。それに本当にお金をもらった。『彼とのコマーシャルでお金をもらえるのかい?』という感じさ。俺が払っただろうし、俺をどこにでも置いてくれという気分だったよ」

CMは、当時のジョーダンとクロフォード演じる若かりし日のジョーダンが1on1で対決するというものだった。

クロフォードによると、当時21歳だった彼にジョーダン役を演じるよう希望したのは、ジョーダン本人だったという。

その後、ジョーダンには及ばないものの、クロフォードもNBA屈指のスコアラーに成長し、シックスマン・オブ・ザ・イヤーに3度選出された。

ジョーダンとの日々はクロフォードにとって大きな経験であり、その後の成長に繋がったに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA