【スポンサーリンク】

スタンリー・ジョンソンがブルズと契約合意

スタンリー・ジョンソンがブルズと契約合意

昨季をトロント・ラプターズで過ごしたスタンリー・ジョンソンが、シカゴ・ブルズに移籍する模様。

The Athleticの記者によると、FAフォワードのジョンソンはブルズとの契約に合意したという。

契約の詳細については明かされていないが、ベテランミニマム契約と見られている。

2015年のNBAドラフト8位でデトロイト・ピストンズに入団したジョンソンは、2018-19シーズン中のトレードでラプターズに移籍。

移籍後しばらくは十分な出場時間を得ることができなかったが、昨季はローテーション入りを勝ち取った。

際立ったスタッツは残すことができなかったものの、特にディフェンスで奮闘し、ブルズでもディフェンダーとしての活躍を期待したいところだ。

なお、ジョンソンはブルックリン・ネッツの選手たちやスタッフとワークアウトに励んでいたため、ネッツ移籍の噂が浮上していたが、ネッツはポール・ミルサップやラマーカス・オルドリッジなどの獲得によりロスターに余裕がなくなったため、ジョンソン獲得を見送ったと見られている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA