【スポンサーリンク】

ケビン・ガーネットがコービー・ブライアントに電話に出てもらえなかった過去を明かす

ケビン・ガーネットがコービー・ブライアントに電話に出てもらえなかった過去を明かす

NBAレジェンドのケビン・ガーネットとコービー・ブライアントは、同じ時代を戦ったスーパースターだ。

NBAチャンピオンとMVPを受賞した実績を誇るガーネットとブライアントは、2008年と2010年にNBAファイナルで対戦。

2008年はガーネット擁するボストン・セルティックスが、2010年はブライアント擁するロサンゼルス・レイカーズがNBAチャンピオンに輝いた。

そんな中、ガーネットがブライアントとのあるエピソードを明かした模様。

ガーネットはセルティックスに移籍する前にレイカーズでプレイすることに興味を持ち、ブライアントに電話で相談しようとしたという。ガーネットのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

レイカーズが僕にとって適切な場所かどうか、コービーの考えを聞きたかった。

僕は彼に電話した。

出てもらえなかった。

また電話した。

出てもらえなかった。

電話番号が間違っているのではと思い、確認した。

「ビーン・ブライアント」の電話番号を確認した。

よし、間違っていない。

また電話してみよう。

5回目、6回目も出てもらえなかった。

14回目の前に妻に聞いてみたんだ。

「また彼に電話すべきだろうか?」とね。

すると、彼女は「すべきよ。あなたの未来がかかっているのだから」と言ったんだ。

仲が良かったタイロン・ルーにも聞いてみたが、コービーから折返しの電話はなかった。

20回目の後、もういいかなと思った。

その後、彼が中国にいたことを知ったんだ。

とはいえ、彼がメッセージを受け取っていないということではないがね。

ガーネットはその後のトレードでセルティックスに移籍し、ポール・ピアース、レイ・アレンと共にNBAタイトルを勝ち取ることになった。

もしブライアントがガーネットからの電話に応じ、レイカーズ移籍を勧めていたら、ガーネットはまた違うNBAキャリアを歩んでいただろう。

なお、ガーネット、ピアース、アレン擁するセルティックスは2007-08シーズンのNBAファイナルでブライアント率いるレイカーズを下し、NBAチャンピオンに輝いた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA