【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデンがエージェントと決別

ジェイムス・ハーデンがエージェントと決別

NBAタイトルコンテンダーのブルックリン・ネッツは先日、ケビン・デュラントと4年の延長契約を結んだ。

今後はジェイムス・ハーデン、およびカイリー・アービングとの延長契約に注目が集まるところだが、それに備えてなのか、ハーデンがエージェントを変更した模様。

fadeawayworld.netによると、ハーデンは昨季中のトレードで重要な役割を担ったワッサーマン社のジェイソン・ラン、およびチャフィー・フィールズと決別し、長年の友人であるロレンゾ・マクラウドを新エージェントに起用したという。

ハーデンは昨年のオフシーズン中からトレードを望んでいたものの、昨季開幕までにトレードが実現することはなかった。

だが、2人のエージェントの働きにより、デュラントとアービング擁するネッツへのトレードが実現。

ハーデンはこのオフシーズン中にネッツと延長契約を交わす見込みだが、契約交渉の手腕においてはマクラウドにアドバンテージがあると感じたのかもしれない。

デュラントが4年1億9800万ドルの延長契約を結んだ中、ハーデンの延長契約がどれほどの規模になるのか注目が集まるところだ。

なお、ハーデンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数44877
平均出場時間36.634.4
平均得点24.625.1
平均リバウンド7.95.5
平均アシスト10.86.5
平均スティール1.21.6
平均ターンオーバー4.03.7
FG成功率46.6%44.4%
3P成功率36.2%36.3%
フリースロー成功率86.1%85.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA