【スポンサーリンク】

ゲイリー・ペイトンがカイリー・アービングに「コーチをリスペクトすべき」

ゲイリー・ペイトンがカイリー・アービングに「コーチをリスペクトすべき」

NBAレジェンドのスティーブ・ナッシュは、ブルックリン・ネッツのヘッドコーチとして無事NBAヘッドコーチキャリア1年目を終えた。

NBAプレイオフではケビン・デュラントをベンチに下げず、コートに立たせ続けるなどナッシュHCの手腕には賛否両論あったが、NBAチームのヘッドコーチキャリア2年目となる来季はアジャストするだろう。

そんな中、NBAレジェンドのゲイリー・ペイトンが、カイリー・アービングの過去の発言を改めて批判した模様。

アービングが約1年前に、「僕たちにヘッドコーチがいるとはあまり考えていない。言っている意味が分かるかい?KD(ケビン・デュラント)がヘッドコーチになるかもしれない。僕がヘッドコーチになるかもしれない」と発言し、ヘッドコーチの役割を軽視しているとして批判を浴びた。

ペイトンは1年経った今もアービングの発言を忘れていないようだ。ペイトンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼のあの発言はひどかったと思う。

コーチたちをリスペクトしなければならない。

そのポジションにいる男たちをリスペクトしなければならない。

もし君が僕のお気に入りのスーパースターで、僕のところに来てコートでやるべきことをやってくれるなら、僕は君にすべてを与えるだろう。

なぜなら、僕は君にハッピーになってもらいたいし、僕のチームにハッピーになってもらいたいからね。

批判を浴びたアービングはその後、「スティーブは素晴らしい。リスペクトされている。数カ月前の僕の発言は撤回しなければならないと思う」と間違いを認めた。

だが、ペイトンの怒りは収まらず、アービングに直接連絡したという。

アービングにとって苦い経験となってしまったが、ペイトンの指導を受け、コーチに対する考えを改めたに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA