【スポンサーリンク】

ダラス・マーベリックスvsヒューストン・ロケッツ 11月2日結果

日本時間11月2日のダラス・マーベリックス対ヒューストン・ロケッツ戦は、105-113でホームのロケッツが快勝した。

試合前、マブスのマーク・キューバンオーナーがハワードに対し、
「我々のチームに来なかったことは判断ミスだ」
と批判。

批判されたハワードとしては、何が何でも勝っておきたかった試合だったのだろう。
ハワードはインサイドで絶大な存在感を示し、13得点、16リバウンドを記録し、キューバン氏を見返した。

また、ジェイムス・ハーデンの34得点を筆頭に、パトリック・ビバリーが負傷したために先発出場したジェレミー・リンが14得点、ベテランPGのアーロン・ブルックスが13得点を記録している。
ただ、リンは6回のターンオーバーを犯しており、昨季同様ミスの改善が必須となるだろう。

一方、第1Qだけで16点差を付けられたマブスは、早くも第3Qから“ハック・ア・ハワード”を開始。
これが功を奏し、徐々に点差を詰めていくも、エースのダーク・ノビツキーがファウルアウト、センターのサミュエル・ダレンベアーとデュワン・ブレアーはそれぞれ5ファウルと苦しい戦いとなった。

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ダラス・マーベリックス
22 28 22 33 105
ヒューストン・ロケッツ
38 23 24 28 113

ダラス・マーベリックス スタッツ

先発メンバー

ヒューストン・ロケッツ スタッツ

先発メンバー

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA