【スポンサーリンク】

【NBA】ブルックリン・ネッツvsヒューストン・ロケッツ 11月30日結果

【NBA】ブルックリン・ネッツvsヒューストン・ロケッツ 11月30日結果

日本時間11月30日に行われたブルックリン・ネッツ対ヒューストン・ロケッツ戦は、114-95でホームのロケッツが大勝した。

この勝利の立役者となったのは、チャンドラー・パーソンズだ。

ロケッツは好調なパーソンズを中心に得点を積み重ね、第1Qだけでネッツから16点もの大量リードを奪う。

パーソンズは後半に入っても好調を維持し、試合を通してFG7本すべてを成功。

うち6本が3Pという驚異的なスタッツを記録した。

パーソンズの活躍もあり、第3Q終了時には30点リード。

第4Qでは主力陣をベンチへ下げ、余裕の勝利を飾った。

ベンチから出場したアーロン・ブルックス、オムリ・カスピがそれぞれ3本の3P、さらにフランシスコ・ガルシアが5本の3Pを決めるなど、チーム全体で32本中19本(3P成功率59.4%)を記録した点も、大きな勝因といえるだろう。

21得点、6リバウンド、2スティールを挙げたパーソンズは、「今シーズンは序盤からシュートタッチが良くなかったんだ。でも自信を失わないようにして、ジムでトレーニングを続けてきた。これまでは固くなりすぎてたんだろうね」とコメントした。

一方、ネッツはロサンゼルス・レイカーズ戦に続き、2連敗。

再び連敗街道へと足を踏み入れることとなってしまった。

ジェイソン・キッドHCは、「我々はもっとハードにプレイしなければいけなかった。後半ではずっと言い続けてたんだけどね。(今の成績は)問題だね。先発メンバーのどこに原因があるのか突き止め、解決していかないと」とコメントした。

この日、ネッツは不甲斐ない先発メンバーを早々に下げ、ベンチメンバーを中心に起用。

先発メンバーでわずか23得点という失態に、キッドHCは苛立ちを隠せない様子だった。

1Q2Q3Q4QTOTAL
ネッツ1723223395
ロケッツ33332622114

ブルックリン・ネッツ スタッツ

先発メンバー

  • ポール・ピアース
  • アンドレイ・ブラッチ
  • ブルック・ロペス
  • ジョー・ジョンソン
  • ショーン・リビングストン

得点

  • ミルザ・テレトビッチ:18
  • ブルック・ロペス、タイショーン・テイラー、メイソン・プラムリー:16
  • アラン・アンダーソン:12

アシスト

  • タイショーン・テイラー:12

リバウンド

  • ミルザ・テレトビッチ:13
  • レジー・エバンス:7

チームアベレージ

  • FG成功率41.6%
  • 3P成功率27.3%
  • FT成功率65.2%
  • ターンオーバー:12

ヒューストン・ロケッツ スタッツ

先発メンバー

  • チャンドラー・パーソンズ
  • テレンス・ジョーンズ
  • ドワイト・ハワード
  • ジェイムス・ハーデン
  • パトリック・ビバリー

得点

  • チャンドラー・パーソンズ:21
  • オムリ・カスピ:16
  • フランシスコ・ガルシア:15

アシスト

  • ジェイムス・ハーデン、アーロン・ブルックス:7

リバウンド

  • テレンス・ジョーンズ、ドワイト・ハワード:7

チームアベレージ

  • FG成功率52.7%
  • 3P成功率59.4%
  • FT成功率85.0%
  • ターンオーバー:16

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA