【スポンサーリンク】

【NBA】マイアミ・ヒートvsブルックリン・ネッツ 11月2日結果

【NBA】マイアミ・ヒートvsブルックリン・ネッツ 11月2日結果

日本時間11月2日のマイアミ・ヒート対ブルックリン・ネッツ戦は、101-100でホームのネッツが接戦を制した。

第1Qはネッツ、第2Qはヒートが主導権を握り、前半を47-47の同点で折り返す。

第3Qに入ると再びネッツが有利にゲームを運び、11点差で最終第4Qへ。

残り3分57秒に11点のリードを手にしたネッツだが、NBA3連覇を目指すヒートはエースのレブロン・ジェイムス、ドウェイン・ウェイド、マリオ・チャルマーズを中心に猛攻。

残り18.1秒には2点差まで追い上げる。

その後、互いに得点を重ねるが、残り4.7秒、ジェイムスに3Pを決められ、ネッツのリードは1点に。

直後にファウルをもらったジョー・ジョンソンが落ち着いてFT2本を決め、残り3.7秒時点で3点差。

このままいくかと思われたが、ケビン・ガーネットがクリス・ボッシュにファウルし、FTを与えてしまう。

1本目を成功させて2点差に迫ったが、2本目もまさかの成功。

ヒートとしては2本目のFTをわざと外し、逆転を狙いたかったところだ。

2本目のFTがチームの判断なのか、ボッシュの判断なのかわからないが、明らかな作戦ミスだったといえるだろう。

一方のネッツだが、NBAプレシーズンも含めるとヒート戦3連勝。

NBAプレシーズン同様、この試合でもヒートをリバウンド数で大きく上回った。

また、今季からネッツでプレイしているポール・ピアースは19得点、7リバウンド、6アシストを記録。

気迫のこもったディフェンスで“キング”ジェイムスのショットをブロックするシーンも見られた。

1Q2Q3Q4QTOTAL
ヒート18292033100
ネッツ27203123101

マイアミ・ヒート スタッツ

先発メンバー

  • レブロン・ジェイムス
  • ウドニス・ハスレム
  • クリス・ボッシュ
  • ドウェイン・ウェイド
  • マリオ・チャルマーズ

得点

  • レブロン・ジェイムス:26
  • ドウェイン・ウェイド:21
  • クリス・ボッシュ:17

アシスト

  • レブロン・ジェイムス:6

リバウンド

  • レブロン・ジェイムス:7

チームアベレージ

  • FG成功率47.8%
  • 3P成功率50.0%
  • FT成功率80.6%
  • ターンオーバー:16

ブルックリン・ネッツ スタッツ

先発メンバー

  • ポール・ピアース
  • ケビン・ガーネット
  • ブルック・ロペス
  • ジョー・ジョンソン
  • デロン・ウィリアムス

得点

  • ポール・ピアース、ジョー・ジョンソン:19
  • ブルック・ロペス:13

アシスト

  • デロン・ウィリアムス:8
  • ポール・ピアース:6

リバウンド

  • ケビン・ガーネット:7
  • ブルック・ロペス、アンドレイ・ブラッチ:6

チームアベレージ

  • FG成功率48.5%
  • 3P成功率50.0%
  • FT成功率69.2%
  • ターンオーバー:19

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA