【スポンサーリンク】

ブルックリン・ネッツvsワシントン・ウィザーズ 11月9日結果

日本時間11月9日に行われたブルックリン・ネッツ対ワシントン・ウィザーズ戦は、オーバータイムを制したホームのウィザーズが108-112で勝利した。

第4Q残り37.9秒、ケビン・ガーネットにミドルショットを決められて99-97とリードされたウィザーズは、同点のチャンスをエースのジョン・ウォールに託す。
クロスオーバーからドライブインを仕掛けてショットに持ち込んだウォールだが、惜しくも得点ならず。
だが、この日20得点を挙げたネネがリバウンドからそのまま押し込み、99-99の同点に。

ネッツのポゼッションで始まった残り0.1秒、ジェイソン・テリーがダウンタウンから3Pを放つも決まらず、勝負はオーバータイムへともつれ込んだ。

オーバータイムに入っても互角の戦いを繰り広げる両チームだが、残り40.9秒、ネネのアシストからトレバー・アリーザが3Pを沈め、ウィザーズが2点リード。
その後、ネッツからファウルゲームを仕掛けられるものの、ウォール、そしてゲームハイとなる29得点を挙げたブラッドリー・ビールがそれぞれフリースローを2本ずつ決め、ウィザーズが激闘を制した。

ウォールは試合後、
「プレイオフに進出できるチームになりたいなら、今日のようなシーソーゲームは勝たなきゃいけないよね。俺たちは最後まで諦めなかったんだ」
とコメント。

一方、試合後のインタビューに答えることなく会場を去ったポール・ピアースについて、ネッツのジェイソン・ウィリアムスHCは、
「彼はプロだよ。ブルックリンに来てから全力で我々をサポートしてくれているしね。オーバータイムに入ってからもリーダーシップを示してくれたし、プロフェッショナルな選手でい続けようとしていたんだ」
と語った。

  1Q 2Q 3Q 4Q OT TOTAL
ブルックリン・ネッツ
33 25 15 26 9 108
ワシントン・ウィザーズ
27 26 20 26 13 112

ブルックリン・ネッツ スタッツ

先発メンバー

ワシントン・ウィザーズ スタッツ

先発メンバー

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA