【スポンサーリンク】

【NBA】サクラメント・キングスvsロサンゼルス・クリッパーズ 11月24日結果

【NBA】サクラメント・キングスvsロサンゼルス・クリッパーズ 11月24日結果

日本時間11月24日に行われたサクラメント・キングス対ロサンゼルス・クリッパーズ戦は、103-102でホームのクリッパーズが勝利した。

序盤から試合を有利に運んだのはホームの声援を背に戦うクリッパーズ。

チーム全員がバランスよく得点を積み重ね、第1Qだけで16点のリードを奪う。

だが、キングスも黙っていない。

デマーカス・カズンズを筆頭に、アイザイア・トーマス、パトリック・パターソンらの活躍で第2Q以降徐々に点差を詰め、第4Qでついに逆転。

その後シーゾーゲームが続くも、またしてもクリス・ポールがチームを救う。

キングスに3点のリードを許していたクリッパーズは、残り1分29秒にポールの3P、ドライブからのレイアップ、ブレイク・グリフィンへのアシスト、フリースロー1本と立て続けに素晴らしいプレイをみせ、クリッパーズに勝利をもたらした。

開幕後13試合連続でダブルダブル(得点とアシスト)を続けていたポールだが、この試合では22得点、9アシスト。

今季初めてダブルダブルを逃し、NBA記録もストップした。

ポールは試合を振り返り、「こんなドッグファイトみたいな試合をしてちゃいけない。幸運にも勝てたけど、ディフェンスは改善されてきてると思うよ。自分たちの自信になると思う」とコメントしている。

一方、惜しくも敗れたクリッパーズでは、デマーカス・カズンズが23得点、19リバウンド、7アシストを記録。

グリフィンと一触即発となるシーンも見られたが、見事な活躍をみせた。

ただ、話題となっているのは試合中のカズンズではなく、試合後のカズンズだ。

試合後、健闘を称えあうためにクリッパーズのジャマール・クロフォードがキングスのトーマスに握手を求めたが、これをカズンズが止めるシーンが見られた。

この件についてトーマスは、「あれがデマーカスだよ。試合に負けて動揺してたみたいだしね。彼にとってチームメイト以外は敵なんだ。それが彼のやり方だよ。俺は彼の考えに賛同してるよ。でもジャマールは友人だから、握手はすべきだっただろうね」とコメント。

一方、クリッパーズのジャレッド・ダドリーは、「スポーツマンシップがないよね。そのことについては誰かが彼(カズンズ)に話してくれるんじゃないかな」と苦言を呈している。

1Q2Q3Q4QTOTAL
キングス13352133102
クリッパーズ29281828103

サクラメント・キングス スタッツ

先発メンバー

  • ルーク・バー・ア・ムーテ
  • ジェイソン・トンプソン
  • デマーカス・カズンズ
  • ベン・マクレモア
  • グレイビス・バスケス

得点

  • デマーカス・カズンズ:23
  • アイザイア・トーマス:22
  • パトリック・パターソン:21

アシスト

  • デマーカス・カズンズ:7

リバウンド

  • デマーカス・カズンズ:19
  • パトリック・パターソン:7

チームアベレージ

  • FG成功率42.0%
  • 3P成功率29.4%
  • FT成功率76.7%
  • ターンオーバー:11

ロサンゼルス・クリッパーズ スタッツ

先発メンバー

  • ジャレッド・ダドリー
  • ブレイク・グリフィン
  • ディアンドレ・ジョーダン
  • JJ・レディック
  • クリス・ポール

得点

  • クリス・ポール:22
  • ディアンドレ・ジョーダン:17
  • ブレイク・グリフィン:16

アシスト

  • クリス・ポール:9

リバウンド

  • ディアンドレ・ジョーダン:12
  • ブレイク・グリフィン:10

チームアベレージ

  • FG成功率48.5%
  • 3P成功率44.0%
  • FT成功率57.8%
  • ターンオーバー:19

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA