【スポンサーリンク】

【NBA】ゴールデンステイト・ウォリアーズvsニューオーリンズ・ペリカンズ 11月27日結果

【NBA】ゴールデンステイト・ウォリアーズvsニューオーリンズ・ペリカンズ 11月27日結果

日本時間11月27日に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対ニューオーリンズ・ペリカンズ戦は、102-101でアウェイのウォリアーズが勝利した。

序盤で主導権を握ったのは、アンドレ・イグダーラを負傷で、そして先日の乱闘騒ぎで出場停止処分が下されたアンドリュー・ボガットを欠くウォリアーズ。

怪我から復帰し、先発に起用されたNBAキャリア17年のベテランセンター、ジャーメイン・オニールがウォリアーズを牽引する。

だが、第1Qで10得点のリードを奪いながらも徐々にペリカンズに反撃を許し、勝負は第4Qへ。

第4Qは一進一退の攻防が続くも、勝負を決めたのはオニールだった。

アンソニー・デイビスに活躍を許し、残り2分25秒にはついに1点差まで迫られるが、その直後にオニールのプットバックショットでリードを3点に広げ、ウォリアーズが接戦をものにした。

勝負を決めるショットを成功させたオニールは、「この6、7日間は練習できなくて、もう笑うしかなかったよ。感染症にかかったり、鼠径部と膝、背中にも痛みがあったからね。だから試合に出場できたことが嬉しかったんだ。楽しかったよ」、「今日のプレイは今までしてきたことをそのままやっただけ。NBAキャリアも長いしね。ただゲームに出ていつも通りプレイしただけさ。今日みたいなゲームに勝つことで俺たちはステップアップしていくんだ」と満足気にコメントした。

一方の敗れたペリカンズだが、最終盤に逆転のチャンスがあった。

1点差で迎えた第4Q残り1.9秒、ほぼオープンでエリック・ゴードンが3Pを放つもリムに弾かれてしまい、万事休す。

モンティ・ウィリアムスHCは最後のシーンについて、「エリックはワイドオープンだったんだけどね。入るかと思ったけど、外れてしまった。今日のゲームは本当に残酷だったよ」と振り返った。

1Q2Q3Q4QTOTAL
ウォリアーズ28291926102
ペリカンズ18312824101

ゴールデンステイト・ウォリアーズ スタッツ

先発メンバー

  • ハリソン・バーンズ
  • デイビッド・リー
  • ジャーメイン・オニール
  • クレイ・トンプソン
  • ステフィン・カリー

得点

  • クレイ・トンプソン:22
  • デイビッド・リー:19
  • ジャーメイン・オニール:18

アシスト

  • ステフィン・カリー:9
  • クレイ・トンプソン:8

リバウンド

  • ジャーメイン・オニール、ステフィン・カリー:8
  • デイビッド・リー:7

チームアベレージ

  • FG成功率45.5%
  • 3P成功率36.8%
  • FT成功率71.4%
  • ターンオーバー:10

ニューオーリンズ・ペリカンズ スタッツ

先発メンバー

  • アル・ファルーク・アミーヌ
  • アンソニー・デイビス
  • ジェイソン・スミス
  • エリック・ゴードン
  • ジュルー・ホリデー

得点

  • ライアン・アンダーソン:21
  • ジュルー・ホリデー:17
  • エリック・ゴードン:16

アシスト

  • エリック・ゴードン、ジュルー・ホリデー:7

リバウンド

  • ライアン・アンダーソン:12
  • アンソニー・デイビス:11
  • アル・ファルーク・アミーヌ:9

チームアベレージ

  • FG成功率47.1%
  • 3P成功率47.4%
  • FT成功率76.9%
  • ターンオーバー:16

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA