【スポンサーリンク】

【NBA】ヒューストン・ロケッツvsポートランド・トレイルブレイザーズ 11月6日結果

【NBA】ヒューストン・ロケッツvsポートランド・トレイルブレイザーズ 11月6日結果

日本時間11月6日に行われたヒューストン・ロケッツ対ポートランド・トレイルブレイザーズ戦は、116-101でアウェイのロケッツが大勝した。

第1Qこそ互角の戦いを強いられたロケッツだったが、第2Q以降は徐々に本来の力を発揮。

前日のロサンゼルス・クリッパーズ戦で思うようなプレイをさせてもらえなかったドワイト・ハワードは、29得点、13リバウンドを記録。

エースのジェイムス・ハーデンもゲームハイとなる33得点を記録し、勝利に貢献した。

また、この試合から復帰したパトリック・ビバリーはベンチから出場し、12得点を挙げている。

問題なのはターンオーバーだ。

ハーデンの8ターンオーバーを筆頭に、ハワードが6、ジェレミー・リンが3など、チーム全体の20ターンオーバー(ブレイザーズは14)すべてを先発メンバーが犯してしまった。

ただ、チームとしてはそれほど気にしていない模様。

ハーデンは強力なデュオを形成しつつある相棒のハワードについて、「ドワイトがいると、どのゲームでもプレイしやすくなるよ。ダブルチームされてもパスできるしね。あいつはポストを支配するし、得点だってできる。つまり、彼は何でもできるってことさ」と絶賛した。

一方、ブレイザーズはこれで開幕以降2勝2敗。

チームハイの22得点を挙げたデイミアン・リラードは、「ロケッツのシュートを落とさせようとしたんだけど、難しかった。もっとディフェンスを頑張らなきゃね」とコメントし、会場を後にした。

1Q2Q3Q4QTOTAL
ロケッツ30252932116
ブレイザーズ31192328101

ヒューストン・ロケッツ スタッツ

先発メンバー

  • チャンドラー・パーソンズ
  • ドワイト・ハワード
  • オマー・アシック
  • ジェイムス・ハーデン
  • ジェレミー・リン

得点

  • ジェイムス・ハーデン:33
  • ドワイト・ハワード:29
  • ジェレミー・リン、パトリック・ビバリー:12

アシスト

  • オムリ・カスピ:5

リバウンド

  • ドワイト・ハワード:13
  • オムリ・カスピ:8

チームアベレージ

  • FG成功率54.7%
  • 3P成功率27.3%
  • FT成功率82.4%
  • ターンオーバー:20

ポートランド・トレイルブレイザーズ スタッツ

先発メンバー

  • ニコラス・バトゥーム
  • ラマーカス・オルドリッジ
  • ロビン・ロペス
  • ウェスリー・マシューズ
  • デイミアン・リラード

得点

  • デイミアン・リラード:22
  • ラマーカス・オルドリッジ:21
  • ウェスリー・マシューズ:19

アシスト

  • モー・ウィリアムス:7

リバウンド

  • ロビン・ロペス:6

チームアベレージ

  • FG成功率41.4%
  • 3P成功率32.3%
  • FT成功率65.5%
  • ターンオーバー:14

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA