【スポンサーリンク】

【NBA】デトロイト・ピストンズvsゴールデンステイト・ウォリアーズ 11月13日結果

【NBA】デトロイト・ピストンズvsゴールデンステイト・ウォリアーズ 11月13日結果

日本時間11月13日に行われたデトロイト・ピストンズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦は、113-95でホームのウォリアーズが勝利した。

勝負は第1Qで決したといっても良いだろう。

コンビプレイを中心に得点を量産したウォリアーズは、第1Q終了時に19点のリードを奪う。

第2、第3Qでも危なげない試合運びを見せたウォリアーズは、FG成功率で驚異の60.0%を記録。

最初から最後までピストンズにリードを許すことなく、まさに完勝といえる内容で試合を終えた。

また、ウォリアーズにとってジャーメイン・オニールが17得点を挙げたのも好材料だ。

ベテランセンターの経験がシーズンを通して、そしてNBAプレイオフで重宝されるのは間違いない。

ゲームハイの25得点、8アシストを記録したステフィン・カリーは、「ボールを回せば良いゲームができるんだ。試合の最初の5本は、みんなアシストからシュートを決めた。ボールを回してたからね。イージーなショットを打てたし、プレッシャーもなかったよ」と内容に手応えを感じていた。

一方のピストンズは、まだチームプレイが完成していないといえるだろう。

チーム全体のアシスト数はわずか16本(ウォリアーズは28本)に終わっており、エースのジョシュ・スミスは約18分の出場でわずか2得点にとどまった。

ピストンズのモーリス・チークスHCは、
「ちょっとがっかりしたよ。3Pシューターが揃っているチームを相手にすると、すぐにリードを広げられてしまう。今日はそんな夜だった」と敗戦の弁を口にした。

1Q2Q3Q4QTOTAL
ピストンズ1625302495
ウォリアーズ35273219113

デトロイト・ピストンズ スタッツ

先発メンバー

  • ジョシュ・スミス
  • グレッグ・モンロー
  • アンドレ・ドラモンド
  • チャウンシー・ビラップス
  • ブランドン・ジェニングス

得点

  • アンドレ・ドラモンド:16
  • グレッグ・モンロー:15
  • ウィル・バイナム:14

アシスト

  • ウィル・バイナム:4

リバウンド

  • アンドレ・ドラモンド:14

チームアベレージ

  • FG成功率42.5%
  • 3P成功率16.7%
  • FT成功率66.7%
  • ターンオーバー:12

ゴールデンステイト・ウォリアーズ スタッツ

先発メンバー

  • アンドレ・イグダーラ
  • デイビッド・リー
  • アンドリュー・ボガット
  • クレイ・トンプソン
  • ステフィン・カリー

得点

  • ステフィン・カリー:25
  • デイビッド・リー、ジャーメイン・オニール:17
  • クレイ・トンプソン:14

アシスト

  • アンドレ・イグダーラ:11
  • ステフィン・カリー:8

リバウンド

  • デイビッド・リー、アンドリュー・ボガット:9
  • ジャーメイン・オニール:6

チームアベレージ

  • FG成功率60.0%
  • 3P成功率50.0%
  • FT成功率80.8%
  • ターンオーバー:23

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA