【スポンサーリンク】

【NBA】ニューオーリンズ・ペリカンズvsロサンゼルス・レイカーズ 11月13日結果

【NBA】ニューオーリンズ・ペリカンズvsロサンゼルス・レイカーズ 11月13日結果

日本時間11月13日に行われたニューオーリンズ・ペリカンズ対ロサンゼルス・レイカーズ戦は、116-95でホームのレイカーズが勝利した。

この日のレイカーズは、スターティングラインナップを大幅に変更。

負傷で離脱したスティーブ・ナッシュの代わりにジョディ・ミークス、ここ最近先発出場していたショーン・ウィリアムスの代わりにウェスリー・ジョンソン、クリス・ケイマンの代わりにジョーダン・ヒルを起用したレイカーズだが、これが当たったのか第4Qまでに大量24点のリードを奪った。

これほどまでの展開は、ここ最近のレイカーズには見られなかったといっても過言ではない。

さらにベンチから出場したニック・ヤングが17得点、ザビエル・ヘンリーが15得点、ケイマンが8得点、9リバウンド、6アシスト、ジョーダン・ファーマーが9得点、7リバウンド、8アシストを記録するなど、まさにチームで勝ち取った勝利といえるだろう。

ゲームハイの21得点、11リバウンドを挙げたヒルは、「これまで俺たちは十分なプレイをみせられなかったから、今夜はやってやったんだ。コートに入るときはいつもエネルギーを持ってなきゃいけない。俺はそう思ってプレイしてるよ。だから、先発かベンチかは気にしないんだ」とコメント。

また、マイク・ダントーニHCは、「我々のチームには良い選手が集まってるんだ。今夜の試合で勝ち方を理解したと思うよ。ジョーダン・ヒルを先発起用したけど、彼はエネルギッシュにプレイしていたし、チームをサポートしてくれた」と手応えを感じた様子だった。

チーム力でこの試合を勝ち取ったことにより、ダントーニHC、そしてレイカーズの選手たちには新しいチームの形が見えたのかもしれない。

一方、勝率5割復帰のチャンスを逃したペリカンズは、レイカーズにチームリバウンドで22本、チームアシストで11本もの差を付けられ、まさに完敗。

前回の対レイカーズ戦(ペリカンズが勝利)でキャリアハイの32得点、12リバウンド、6ブロックショットと圧倒的なプレイを見せつけたアンソニー・デイビスは、15得点、5リバウンドに終わった。

デイビスは試合後、「彼ら(レイカーズ)は俺たちよりハードにプレイしてた。ただそれだけさ。俺らの展開はスローだったし、エネルギッシュにプレイできなかった。俺も序盤でファウルトラブルに陥ってしまったしね。先日のレイカーズ戦みたいにプレイするのは難しかったよ」と話している。

1Q2Q3Q4QTOTAL
ペリカンズ1920233395
レイカーズ22333130116

ニューオーリンズ・ペリカンズ スタッツ

先発メンバー

  • アル・ファルーク・アミーヌ
  • アンソニー・デイビス
  • ジェイソン・スミス
  • エリック・ゴードン
  • ジュルー・ホリデー

得点

  • エリック・ゴードン:17
  • アンソニー・デイビス:15
  • タイリーク・エバンス:11

アシスト

  • タイリーク・エバンス:6

リバウンド

  • アル・ファルーク・アミーヌ、アンソニー・デイビス、ジェフ・ウィゼイ:5

チームアベレージ

  • FG成功率40.5%
  • 3P成功率30.0%
  • FT成功率72.7%
  • ターンオーバー:13

ロサンゼルス・レイカーズ スタッツ

先発メンバー

  • ウェスリー・ジョンソン
  • ジョーダン・ヒル
  • パウ・ガソル
  • ジョディ・ミークス
  • スティーブ・ブレイク

得点

  • ジョーダン・ヒル:21
  • ニック・ヤング:17
  • ザビエル・ヘンリー:15

アシスト

  • スティーブ・ブレイク:10
  • ジョーダン・ファーマー:8

リバウンド

  • ジョーダン・ヒル:11
  • クリス・ケイマン:9
  • パウ・ガソル:8

チームアベレージ

  • FG成功率55.7%
  • 3P成功率55.0%
  • FT成功率81.0%
  • ターンオーバー:19

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA