【スポンサーリンク】

ミルウォーキー・バックスvsインディアナ・ペイサーズ 11月16日結果

日本時間11月16日に行われたミルウォーキー・バックス対インディアナ・ペイサーズ戦は、77-104でホームのペイサーズが圧勝した。

この試合は、まさに“ロイ・ヒバート祭り”といっても過言ではないだろう。
序盤から快調に飛ばすヒバートは、24得点、10リバウンド、8ブロックショットと大暴れ。
惜しくもトリプルタブルは逃したが、オフェンス、ディフェンスともに縦横無尽の活躍を見せた。

MVP級の働きで勝利に貢献したヒバートは、
「とにかく勝ちたいんだ。プレイオフに進出して勝ちまくりたい。チーム全員が同じ方向を見ているから、自信を持ってプレイできるよ。前のペイサーズには、ただベンチに座り、給料をもらって家に帰るだけのヤツもいたんだ。ビーチに行って何か吸ってたんだろうね。でも、今の俺らは違う」
とコメント。

トリプルダブルに迫りながらも、第4Q終盤をベンチで過ごしたことについては、
「目の前のことだけじゃなくて、先のことを考えてるんだ。明日はシカゴが待ってるんだし、休んだほうが良いんだよ。トリプルダブルはすごいことだけどね」
と気にしていない様子だ。

これで開幕9連勝を記録したペイサーズは、明日17日、強豪シカゴ・ブルズと10連勝をかけて戦う。

一方のバックスは、OJ・メイヨが20得点と獅子奮迅の活躍を見せるも、2ケタ得点を挙げたのはメイヨの他、クリス・ミドルトンとゲイリー・ニールのみ。

チームは2勝6敗と大きく負け越しており、現在イースタン・カンファレンス最下位に低迷している。

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ミルウォーキー・バックス
21 16 24 16 77
インディアナ・ペイサーズ
31 21 23 29 104

ミルウォーキー・バックス スタッツ

先発メンバー

インディアナ・ペイサーズ スタッツ

先発メンバー
バックスvsペイサーズ ハイライト
R・ヒバート ハイライト

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA