【スポンサーリンク】

【NBA】ブルックリン・ネッツvsロサンゼルス・クリッパーズ 11月17日結果

【NBA】ブルックリン・ネッツvsロサンゼルス・クリッパーズ 11月17日結果

日本時間11月17日に行われたブルックリン・ネッツ対ロサンゼルス・クリッパーズ戦は、110-103でホームのクリッパーズが勝利した。

互いに一歩も譲らない展開となったこの試合でクリッパーズに勝利をもたらす活躍を見せたのは、ブレイク・グリフィンとJJ・レディックだ。

特にグリフィンはオフェンスとディフェンスで見事な働きみせ、30得点、12リバウンドを記録。

試合中に左足首を痛め、一時はロッカールームへ下がったものの、その後はコートに戻りプレイを続けていたため、大きな問題とはならないようだ。

また、JJ・レディックも7本中5本の3Pを含む26得点を挙げ、勝利に貢献した。

グリフィンは足首の状態について、「着地したとき、足首の後ろ側に違和感があったんだ。何なのかわからなかったから、ちょっと怖かったけどね。万全な状態じゃないけど、良くなってきてるよ」とコメント。

12得点、13アシスト、7リバウンド、3スティールを記録したポールは、「他の誰でもなく、彼(グリフィン)が必要なんだ」と話している。

一方、敗れたネッツはポール・ピアースとケビン・ガーネットを温存。

先日の試合で負傷したデリック・ウィリアムス、そしてブルック・ロペスも欠場と、先発選手の大幅変更を余儀なくされた。

今季のワーストコーチの呼び声高いジェイソン・キッドHCは、「我々にとっては厳しかったね。でも出場した10人はみんな努力してくれたし、クリッパーズのような強いチームに勝つチャンスもあった」と選手たちを称えている。

これでネッツは3勝6敗となり、現在イースタン・カンファレンス13位。

タレント揃いのチームとは思えない不甲斐ない結果が続いている。

1Q2Q3Q4QTOTAL
ネッツ26292028103
クリッパーズ29252234110

ブルックリン・ネッツ スタッツ

先発メンバー

  • アラン・アンダーソン
  • レジー・エバンス
  • アンドレイ・ブラッチ
  • ジョー・ジョンソン
  • ショーン・リビングストン

得点

  • アンドレイ・ブラッチ、メイソン・プラムリー:19
  • アラン・アンダーソン:15
  • ジョー・ジョンソン、テイショーン・テイラー:13

アシスト

  • ジョー・ジョンソン:6

リバウンド

  • レジー・エバンス:11
  • アンドレイ・ブラッチ:8

チームアベレージ

  • FG成功率42.4%
  • 3P成功率39.1%
  • FT成功率66.7%
  • ターンオーバー:11

ロサンゼルス・クリッパーズ スタッツ

先発メンバー

  • ジャレッド・ダドリー
  • ブレイク・グリフィン
  • ディアンドレ・ジョーダン
  • JJ・レディック
  • クリス・ポール

得点

  • ブレイク・グリフィン:30
  • JJ・レディック:26
  • ジャマール・クロフォード:13

アシスト

  • クリス・ポール:13

リバウンド

  • ディアンドレ・ジョーダン:16
  • ブレイク・グリフィン:12
  • クリス・ポール:7

チームアベレージ

  • FG成功率51.9%
  • 3P成功率43.5%
  • FT成功率66.7%
  • ターンオーバー:18

ネッツvsクリッパーズのハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA