【スポンサーリンク】

【NBA】ブルックリン・ネッツvsトロント・ラプターズ 11月27日結果

【NBA】ブルックリン・ネッツvsトロント・ラプターズ 11月27日結果

日本時間11月27日に行われたブルックリン・ネッツ対トロント・ラプターズ戦は、102-100でアウェイのネッツが勝利した。

6連敗だけはまぬがれたかったネッツだが、この日はジョー・ジョンソンとアンドレイ・ブラッチが好調。

また、ポール・ピアースとケビン・ガーネットにも十分な出場時間が与えられ、それぞれの役割をこなしていた。

だが、内容は決して良かったといえないだろう。

第4Q残り8分42秒の時点で11点のリードを奪っていたネッツだが、その後ラプターズに反撃を許してしまう。

残り27.7秒にはルディ・ゲイの3Pでリードはわずか1点に。

直後のファウルゲームで得たフリースローをショーン・リビングストンが1本成功させ、点差を2点に広げるものの、10.7秒を残してラプターズのポゼッション。

タイムアウト後、コーナーにいたアミール・ジョンソンをまさかのオープンにしてしまう。

だが、アミール・ジョンソンの3Pショットはリングに嫌われ、ネッツがなんとか勝利をものにした。

不調が続いていたネッツだが、最後のチームディフェンスがそれを象徴していたようにも思える。

外れたから良かったものの、NBAタイトル獲得を目指すチームにとってあってはならないことだといえるだろう。

16得点を記録したピアースは、「最後の3分間は本当にキツかったよ。それまでリードしてたから良かったけど、もし接戦だったら負けてただろうね」、「今までと違ったのは、ゲームに対する姿勢だよ。みんなゲームに対する姿勢をしっかり持って挑んだ。周りからいろいろ言われるのはもうイヤなんだよ。ネッツは誇れるチームだし、諦めるヤツなんかひとりもいないんだ。連敗中のロッカールームは殺伐としてたけど、それが俺たちを団結させてくれてるんだと思うよ」とコメントした。

一方、追い上げ虚しく敗れたラプターズだが、イースタン・カンファレンス4位と好順位をキープしている。

逆転がかかった最後のプレイ、チームはエースのゲイにボールを託すも、ゲイはコーナーでオープンになっていたアミール・ジョンソンへのパスを選択。

このプレイについてデマー・デローザンは、「ルディに勝負させるため、アイソレーションの状況を作ったんだ。彼はパスを選んだけどね。でも、彼の選択は正しかったと思うよ。アミールはオープンだったし、3Pを決める力があるからね」と振り返った。

1Q2Q3Q4QTOTAL
ネッツ26292621102
ラプターズ28232524100

ブルックリン・ネッツ スタッツ

先発メンバー

  • ポール・ピアース
  • ケビン・ガーネット
  • アンドレイ・ブラッチ
  • ジョー・ジョンソン
  • ショーン・リビングストン

得点

  • アンドレイ・ブラッチ:24
  • ジョー・ジョンソン:21
  • ポール・ピアース:16

アシスト

  • ショーン・リビングストン:7

リバウンド

  • ケビン・ガーネット、ジョー・ジョンソン、ショーン・リビングストン:6

チームアベレージ

  • FG成功率50.6%
  • 3P成功率28.6%
  • FT成功率90.9%
  • ターンオーバー:16

トロント・ラプターズ スタッツ

先発メンバー

  • ルディ・ゲイ
  • アミール・ジョンソン
  • ヨナス・バランチュナス
  • デマー・デローザン
  • カイル・ラウリー

得点

  • デマー・デローザン:27
  • カイル・ラウリー:24
  • スティーブ・ノバック:12

アシスト

  • カイル・ラウリー:6

リバウンド

  • デマー・デローザン:6

チームアベレージ

  • FG成功率43.6%
  • 3P成功率42.3%
  • FT成功率95.5%
  • ターンオーバー:16

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA