【スポンサーリンク】

【NBA】サンアントニオ・スパーズvsニューヨーク・ニックス 11月11日結果

【NBA】サンアントニオ・スパーズvsニューヨーク・ニックス 11月11日結果

日本時間11月11日に行われたサンアントニオ・スパーズ対ニューヨーク・ニックス戦は、120-89でアウェイのスパーズが圧勝した。

第1Qから圧倒的な力の差を見せつけたスパーズは、ニックスに一度もリードを許すことなく完勝。

中でも圧巻の活躍を見せたのが、ダニー・グリーンだ。

昨年のNBAプレイオフで覚醒したグリーンは、この日9本中6本の3Pを含む24得点、さらには10リバウンドのダブルダブルを記録した。

17得点、6アシストを挙げたトニー・パーカーは、「俺たちはただショットを成功させただけだよ。ショットが入れば助かるよね。ボールをうまく回せたのも良かった」とコメントした。

一方、近年稀に見ぬ大敗を喫したニックスは、負傷欠場しているタイソン・チャンドラーの代わりにアンドレア・バルニャーニをセンターに起用。

だが、バルニャーニのリバウンド数はわずか1に終わり、力不足を露呈する結果となってしまった。

唯一の朗報といえるのは、JR・スミスの復帰だろう。

今季初出場ということもあり、試合感を取り戻せていないようだったが、ニックスにとっては頼りになるスコアラーが戻ってきたことになる。

16得点、8リバウンドを記録したエースのカーメロ・アンソニーは、「俺たちのホームでこんな負け方しちゃダメだよ。試合に負けた結果じゃなくて、なぜ負けたかが問題。今日は俺たちに戦う気持ちが足りてなかったから負けたんだ」、「心配はしてないけど、できるだけ解決方法を見つけていかなきゃね」とコメント。

約20分の出場でわずか5得点、さらには4ターンオーバーと精彩を欠いたスミスは、「錆び付いてるとは思わないよ。ただショットを多く打って外しただけ。全体的にも良いプレイができなかった」と落胆した様子でスタジアムを後にした。

1Q2Q3Q4QTOTAL
スパーズ35262930120
ニックス1728152989

サンアントニオ・スパーズ スタッツ

先発メンバー

  • マルコ・ベリネリ
  • ティム・ダンカン
  • ボリス・ディアウ
  • ダニー・グリーン
  • トニー・パーカー

得点

  • ダニー・グリーン:24
  • カワイ・レナード:18
  • トニー・パーカー:17

アシスト

  • トニー・パーカー:6

リバウンド

  • ティム・ダンカン、ダニー・グリーン:10

チームアベレージ

  • FG成功率53.9%
  • 3P成功率42.9%
  • FT成功率86.7%
  • ターンオーバー:13

ニューヨーク・ニックス スタッツ

先発メンバー

  • カーメロ・アンソニー
  • イマン・シャンパート
  • アンドレア・バルニャーニ
  • レイモンド・フェルトン
  • パブロ・プリジオーニ

得点

  • カーメロ・アンソニー、アンドレア・バルニャーニ:16
  • メッタ・ワールドピース:13
  • ティム・ハーダウェイjr.:11

アシスト

  • JR・スミス、メッタ・ワールドピース、コール・オルドリッチ:3

リバウンド

  • カーメロ・アンソニー:8
  • コール・オルドリッチ:7

チームアベレージ

  • FG成功率37.8%
  • 3P成功率27.3%
  • FT成功率72.4%
  • ターンオーバー:10

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA