【スポンサーリンク】

メンフィス・グリズリーズvsロサンゼルス・クリッパーズ 11月19日結果

日本時間11月19日に行われたメンフィス・グリズリーズ対ロサンゼルス・クリッパーズ戦は、106-102でアウェイのグリズリーズが勝利した。

昨季のプレイオフ進出チームとしてお互いに譲らない展開となったこの試合、グリズリーズに勝利をもたらしたのはザック・ランドルフとマーク・ガソルのインサイド陣だ。

ランドルフはミドルショットを中心に26得点、15リバウンド、2スティール、マークがそるは23得点、9リバウンド、8アシスト、2スティールを記録。
第1Qでトニー・アレンがクリス・ポールの顔面に飛び蹴りを見舞い、一発退場というハプニングがあったものの、ランドルフとガソルの活躍により強豪クリッパーズを下した。

ランドルフは試合を振り返り、
「本当に大きな勝利だよ。トニーが抜けた後もベンチメンバーが良い仕事をしてれたしね。これこそ俺らが必要としてることなんだ」
とコメント。

また、退場したアレンは、
「俺はただプレイしようとしてただけだよ。クリス・ポールがドライブインしてきたとき、グレートシューターのジャマール・クロフォードがコーナーにいたんだ。クリスはオープンな選手にパスを出せるしね。あの飛び蹴りはクリスを止めようと思っただけで、決して故意ではないよ。そんなの俺のプレイスタイルじゃない」

「クリスにはわざとやったんじゃないってことを説明したんだ。彼もそれを理解してくれた。『君がそんなヤツじゃないってことは知ってるよ』ってね。残念ながら退場になってチームをサポートできなかったけど、みんなハードにプレイしてたよ」
と経緯を説明した。

一方、惜しくも5連勝を逃したクリッパーズだが、ポールは18得点、9リバウンド、11アシスト、2スティールを記録。
ダブルダブルの連続記録を11に伸ばしている。

アレンの飛び蹴りについては、
「トニーがわざとするわけないよ。ただ、唇を蹴られるのは嫌だったから、蹴られた後はしばらく無言になったんだ。これまでに怪我したこともあるしね。まさか彼が退場するなんて思ってもみなかったよ。俺がコーナーにパスすることを彼は予想してたんだ。あれは本能で出た動きさ」
と擁護した。

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
メンフィス・グリズリーズ
29 23 29 25 106
ロサンゼルス・クリッパーズ
20 31 30 21 102

メンフィス・グリズリーズ スタッツ

先発メンバー

ロサンゼルス・クリッパーズ スタッツ

先発メンバー
グリズリーズvsクリッパーズ ハイライト動画
Z・ランドルフ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA