【スポンサーリンク】

ニューヨーク・ニックスvsデトロイト・ピストンズ 11月20日結果

日本時間11月20日に行われたニューヨーク・ニックス対デトロイト・ピストンズ戦は、86-92でホームのピストンズが勝利した。

同点でハーフタイムを迎えた両チームだったが、第3Qで頭一歩抜け出したのはピストンズ。
ベンチ出場のロドニー・スタッキー、エースのジョッシュ・スミスを中心とし、徐々に点差を広げて第4Qを迎える。

第4Q終盤の残り36.4秒、JR・スミスのレイアップで4点差まで追い上げられるも、直後にグレッグ・モンローがフリースロー2本を落ち着いて沈め、勝利を手にした。

対ニックス戦で2011年3月18日以来勝利を挙げておらず、7連敗を喫していたピストンズにとって、悲願の勝利といえるだろう。

チームハイの21得点を挙げたスタッキーは、
「俺の役割はベンチから出場し、チームにエネルギーを与えることなんだ。今年はそれが目標だよ」
とコメント。

これでピストンズは4勝6敗。現在イースタン・カンファレンスの7位につけている。

一方の敗れたニックスは、これで3連敗。
3勝7敗でイースト14位と不調を極めている。

この試合で先発出場したケニオン・マーティンは、
「俺たちは最後までオフェンシブにプレイできなかった」

「俺らはチームで一緒にやっていく。チームはスランプに陥ってるけど、シーズンの間にはどのチームだってスランプに陥るんだ。俺らには11月だったってことさ。オフェンスの問題を解決していかなきゃね」
とチームの現状についてコメントした。

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ニューヨーク・ニックス
24 19 20 23 86
デトロイト・ピストンズ
26 17 28 21 92

ニューヨーク・ニックス スタッツ

先発メンバー

デトロイト・ピストンズ スタッツ

先発メンバー
ニックスvsピストンズ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA